カイポケビズお試し体験記

介護ソフト・カイポケを試してみた感想や使い勝手について書いています!

「ロボット介護機器の開発重点分野」、介護保険ではどう位置づけられているのか?

f:id:marrige130110:20180417104751j:plain

2018年4月、診療報酬と介護報酬のダブル改定がなされました。この中で、介護ロボットがどのように位置づけられているのか、下記記事で紹介がされていました。

tech.nikkeibp.co.jp

 

今回の同時改正では「見守り機器」だけが評価された

結論としては、様々あるロボット介護機器の開発重点分野において「見守り(施設、在宅、生活支援)」が特に評価されているというのが現状です。参考までにロボット介護機器の開発重点分野には他に下記のようなものがあります。

  • 移乗支援(装着、非装着)
  • 移動支援(屋外、屋内、装着)
  • 排泄支援(排泄物処理、トイレ誘導、動作支援)
  • 入浴支援
  • 介護業務支援

見守り機器を使った場合の加算要件の緩和

見守り機器を使った場合には、夜間職員配置加算の要件が「最低基準+1名」から「最低基準+0.9名」に緩和される形となったのです。見守り機器が決して安いものではありませんので、費用対効果が見合うかどうかは微妙なところですが、夜勤職員の負担を減らせるという観点では価値があるはずです。

 

介護現場でロボットが活躍できる場面は多い

以上のように、2018年4月現在において、介護保険の中でロボットの位置づけはまだまだ低いというのが現状です。しかしながら、ポジティブな面もあります。政府が行う未来投資会議の資料において「ロボット介護機器の開発重点分野」が紹介されていますが、上記のように様々な場面でのロボット活用が想定されています。それだけロボットには期待がかけられているということでもあるわけです。

ロボット導入を阻む問題点

それでも導入が進まないのには、やはりまだ解決すべき問題があるからです。下記記事でも紹介しましたように、特に費用面でも問題が大きいと言えるでしょう。

kaipoke.hatenadiary.com

パロが1台40万円、リショーネが90万円、パワードスーツHALが毎月10万円となっていますが、この価格帯ではよほど経営的に安定している事業所でなければ、なかなか導入は難しいでしょう。試験的に1台導入という程度ならばまだしも、現場で活用するには複数台は必要になるはずです。そうなると、政府の補助金が重要になりますが、現状そこにも大きな期待をすることはできないだろうと考えられます。

56%の事業所が価格の高さを理由にロボットの導入を見送り

株式会社ウェルクスが2017年6月実施した介護事業所へのアンケートでは、56%の事業所が価格の高さを理由に介護ロボットの導入を見送っていました。それ以外には機器の扱いの難しさへの懸念、人手があれば大丈夫でロボットは不要という考え方、補助制度のややこしさなどが理由として挙がっていました。

 

いかに開発費用を抑えて、量産体制を確立できるかが重要

以上より、今後重要になるのはいかに費用を安くできるかという観点です。もしくは政府からの潤沢な支援によって、各事業所がいかに安く購入できるようになるかです。そのための1つの考えとして、上記記事では企業同士の積極的な連携やM&Aについて述べさせていただきました。

もちろん、決して簡単なことではありませんが、早急に介護ロボットの開発費用を下げなければ、大量に職員が必要となる2025年の介護現場は非常に大変な事態になることが予想されます。日本全体での介護問題への対応が強く望まれます。

 

リースなどの新たなスキームの広がりに期待

そのための1つの方策として考えられるのは、リース方式です。上記のように介護ロボットの導入は費用面がボトルネックになっているわけです。特に問題となるのは初期費用です。パロを5台導入して200万円となると、確かに決して安いものではありません。

ただ、それがリース方式、もしくはレンタル方式になったらどうでしょうか?3年、5年で活用すると考えれば、初期費用はその10分の1以下になることも十分考えられます。これなら導入してみたいと思う事業所もだいぶ増えるのではないでしょうか?

理想としては製品自体の価格が下がることですが、それが簡単ではないのであれば、それ以外の方法で事業所にかかる負担を減らすという方法もあるでしょう。

日本全体の問題として日本全体で介護問題に取り組むことの必要性

上記でも書いたように、介護問題、少子高齢化の問題というのは、もはや介護業界だけではなく日本全体の問題です。ですから、ロボット介護機器についても開発メーカーがや事業所のみが普及を考えるのではなく、それ以外の企業にとっても積極的に取り組んでいくべきことだと考えます。少しでも早く、そういった動きが見えてくることを今後は期待していたいと思います。

介護業務の効率化には介護ソフトも有用

ちなみにですが、介護の職場で業務の効率化には、介護ロボットだけではなく、その他の施策も当然必要です。中でも手軽に導入できて効果が高いのが介護ソフトです。当ブログで紹介しているカイポケは最大で18ヶ月間無料お試し可能と非常にお得ですから、ぜひ一度ご覧になってみてください。

無料体験は公式サイトよりすぐにお申込可能