カイポケビズお試し体験記

介護ソフト・カイポケを試してみた感想や使い勝手について書いています!

介護施設の入居率・稼働率を改善するためにはどうすればよいのか?

f:id:marrige130110:20180409182829j:plain

介護事業所の大きな悩みの1つに施設の稼働率があるかと思います。施設に空きがあるということは、それだけ収益の機会を逃してしまっているということです。スタッフが足りずにこれ以上入居者を増やせないという場合には別ですが、基本的には稼働率は高いほうが望ましいと言えます。

しかしながら、だからといって簡単に稼働率が上げられるわけではないでしょう。当然、他施設との競争になりますし、いくら見学等に来ていただいてもお金の面、施設の面でご納得いただく必要がありますし、お客様としてもすぐに決断できるような内容でもないからです。また、入居率・稼働率を上げると言っても、具体的に何から着手していいのかという点についてお悩みの方も多いでしょう。

そこで本記事では介護施設の入居率・稼働率を改善するためには何が必要なのかを考えます。

 

何よりもまず最初に現状の把握が必要

施設の入居率を改善するために真っ先にやっておきたいのは現状を把握することです。現在施設のキャパシティに対してどれだけ部屋が埋まっているのか、どういう状況にあるのかということをきちんと把握しましょう。また、近々の退所の予定はないのか、逆に見学や入所の予定はないのかといったことのチェックも必要です。このような現状把握というのは当たり前のように思えて、実はしっかりとできていない施設も少なくありません。

きちんと現状を把握することで、初めて今後どうすべきかという対策を考えることができます。そこがなければきちんとした対策は立てられず、施策の継続性にも疑問符がつきます。介護職の方にはデータの扱いやパソコンの扱いに慣れていない人も少なくありませんが、こういったところにしっかりと取り組んでこそ高い成果が出せるということを認識する必要があるでしょう。

空室率を見える化する

大切なのは上記のように現状を把握する、かつできるだけビジュアルでわかりやすく見ることです。見える化という言葉を聞いたことがある方は多いかもしれません。見える化とは、ビジュアルとしてひと目で現状を把握することです。下記のように多くの書籍も出ていますが、近年その重要性がビジネスの現場で注目をされているのです。 

業務改革、見える化のための業務フローの描き方 (プレミアムブックス版)

業務改革、見える化のための業務フローの描き方 (プレミアムブックス版)

 
ビジネスモデルを見える化する ピクト図解

ビジネスモデルを見える化する ピクト図解

 
「見える化」のことが面白いほどわかる本

「見える化」のことが面白いほどわかる本

 

こうした考え方を用いることで、スピーディに、そして正確に現状を把握することができるようになるのです。

 

カイポケ住まいが見える化をサポート

しかしながら、上記のような本を読みながらイチから見える化を学んでいくというのは決して簡単ではありません。業務の合間に勉強するにしても、それではどうしても時間がかかってしまいます。冒頭で述べたように入居率の改善というのは早ければ早いほど、施設の経営改善に役立ちます。そう考えると、勉強することは大切ですが、あまり悠長に構えていられないというのも実際のところでしょう。

それに、上記の本などは良書だとは思いますが、必ずしも介護業界のみを対象にしているわけではありません。実践するにも少なからず当てはまらない内容が出てきてしまうということです。介護業界に適した見える化を学ぶことはできないのでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、介護ソフトカイポケが提供する、「カイポケ住まい」というサービスです。カイポケについてご存じない方は下記より公式サイトをご覧ください。

無料体験は公式サイトよりすぐにお申込可能 

カイポケ住まいなら、簡単に空床率、営業状況を確認できる

 このカイポケ住まいを使えば、入居を検討しているお客様の状況、見学の状況、また後追いの状況なども簡単にチェックすることができます。しかも、わかりやすい表敬式やグラフ形式で確認できるのです。自分でいちいちエクセルやワードなどのツールを使って作る必要はありません。非常に便利なツールなのです。これなら勉強しながらでも、確実に情報の見える化を実践することが可能です。

最大18ヶ月間無料なので、まずは試してみるのがおすすめ

このカイポケですが、なんと無料の登録をしておけば、最大で18ヶ月間も無料でソフトを利用することが可能です。カイポケ住まい以外にもさまざまなサービスを利用できるので非常にお得です。もちろん、自社に合うかどうかわからないから不安と思われる方が多いと思いますので、ぜひ無料期間でいろいろとお試ししてみることをおすすめします。無料登録も公式サイトからすぐにできますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

ちなみにですが、カイポケ以外にも無料の介護ソフトはいろいろありますので、下記記事でぜひ比較をされてみてください。

kaipoke.hatenadiary.com

 

営業方法の見直しも大切

なお、ちなみにですが本記事では主にカイポケ住まいの紹介がメインになりましたが、入居率アップには営業戦略が果たす役割も当然重要になります。どうやって地域の人に知ってもらうか、ケアマネさんに知ってもらうか、時には泥臭い営業活動が多くの人に知ってもらうきっかけになります。この点については下記記事に詳しいので併せてご覧になってみてください。

kaipoke.hatenadiary.com

また、質の良い職員さんがいるということも大切です。介護事業は心身ともに負荷のかかる仕事です。そうした職員さんの苦労を理解して、信頼関係が結ばれることで、入居者様の満足度は上がるものです。そこもぜひ検討しておきたいポイントです。

kaipoke.hatenadiary.com