カイポケビズお試し体験記

介護ソフト・カイポケを試してみた感想や使い勝手について書いています!

介護職の求人採用サイトにお試しで無料掲載するなら

f:id:marrige130110:20180405121311j:plain

介護事業所の採用状況は困難を極めます。少子高齢化の進展で高齢者が増えることによって、ますます現場が忙しくなっており、それがテレビなどのメディアによっても伝わることも影響しているのでしょう。特に若い方で介護職に就こうという方は決して多くはありません。特に2025年頃には介護業界で非常に多くの人材が不足すると予想されています。

kaipoke.hatenadiary.com

じゃあ、仕方がないのでどんどん求人を出すしかないかという話かと言うと、そんなに余裕のある介護事業所というのも決して多くはないでしょう。高齢者が増えたからと言って利益が増えている事業所というのは、決して多くはないのが現実です。採用活動が縮小すれば、ますます人が少なくなり現場は苛烈になっていきます。結果として人は更に離れてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

 

まずは求人サイトに無料掲載してみるのがおすすめ

このような場合におすすめなのは、まずは掲載無料の求人サイトに求人情報を載せることです。もちろん、実際に求人が決まった際にはお金を払わなくてはいけないわけですが、無料で掲載をできるというのは大きな魅力です。掲載情報を充実させれば、それだけ応募者が増える可能性もあるでしょう。上手く活用できれば人材不足解消に大いに役立つはずです。

カイゴジョブとは?

無料掲載の求人サイトとして有名なサイトの1つが、カイゴジョブです。歴史のあるサイトですからご存知の方も多いと思いますが、下記で簡単に魅力を紹介します。大きく言うと、下記の4つのポイントになります。

  • 無料で求人情報を掲載できる
  • 約60万人(有資格者85%以上)の質の高い人材がたくさんいる
  • 高い満足度で、掲載継続率はほぼ100%
  • 操作方法が簡単、求人掲載も簡単

初期費用を手間も含めて最小限にできて、内容が充実しているサイトです。他にも無料掲載のサイトはありますが、まずは登録しておきたいサイトだと言えるでしょう。

 

カイポケに登録するとさらにカイゴジョブが便利に

しかしながら、こうした各種作業が手間だという人もいるかもしれません。確かにいちいちサイトの使い方を調べてやるのは大変ですし、求人掲載のノウハウ等がわからなkれば掲載しても確実な効果が見込めない場合もあるでしょう。

そのような場合におすすめしたいのが、カイゴジョブを運営するエス・エム・エスのカイポケという介護ソフトを使うことです。カイポケについて詳しく知らないという方は、下記より公式サイトも参照してください。

無料体験は公式サイトよりすぐにお申込可能 

カイポケに登録(無料でできます)してからカイゴジョブを使うことには下記のようなメリットがあります。

専門スタッフが求人広告を掲載してくれる

最大のメリットはカイポケに登録して「カイポケ採用」というサービスを使えば、仙人のスタッフがついてくれて、求人広告掲載のサポートをしてくれることです。しかも、対応はスピーディです。インターネットサービスだからということもありますが、最短で翌日に掲載することも可能です。

その他の役立つサービス

ちなみにですが、カイポケ採用というサービスはカイゴジョブでの求人掲載をサポートしてもらえる以外にも、応募者や拠点情報の管理なども可能です。カイゴジョブでも、カイポケでもこういったサービスを無料で使えるというのですから、非常にありがたいことです。カイポケでは最大で18ヶ月間無料でお試し利用できますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。会員登録も無料ですからご安心ください。

無料体験は公式サイトよりすぐにお申込可能 

 

求人についての勉強も必要

ただ、注意しておきたいのはいくら便利なサービスだとは言っても、カイポケやカイゴジョブ任せにしてしまうのもよくありません。求人方法は当然重要ではありますが、それ以上に自社がどのような人材を求めているのかということを明確にすることが大切です。また、どれくらいの時期にどれくらいの人がほしいかなど、採用戦略も重要になるでしょう。求人を募るためのツールはあくまで方法であって、それ以前にどのような目的を持って採用活動を行うのかということを明確化することが必要なのです。

一般的に介護事業者の方はこうした考え方や計画に慣れていない面があるでしょう。また、業務が多忙すぎてなかなか考える時間がないという場合もあるでしょう。しかしながら、そこをしっかりやらないと例えば離職率が高くなってしまうといったデメリットが出てきます。こうした観点は下記のような書籍にもありますので、ぜひ一読してみることがおすすめです。 

時代を勝ち抜く人材採用

時代を勝ち抜く人材採用

 
上手な求人広告の出しかた―元リクルートのベテラン営業マンが教える、中小企業のための人材採用法
 
採用基準

採用基準

 

 

忘れてはいけない離職率低下の対策

また、忘れてはいけないのは実際に入社してもらった後の対応です。いくら採用を強化しても、入社してくれた人がすぐに辞めてしまったのでは意味がありません。入職した方がいかに高い満足度で働いてくれるか、それは施設にとって非常に重要な課題です。この点については下記記事で詳しく紹介していますので併せてご覧ください。

kaipoke.hatenadiary.com

kaipoke.hatenadiary.com