読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイポケビズお試し体験記

介護ソフト・カイポケを試してみた感想や使い勝手について書いています!

介護保険請求ソフト「ファーストケア」の評判と口コミ

介護保険ソフト

f:id:marrige130110:20170207152053j:plain

今回の記事では介護保険請求ソフト「ファーストケア」について紹介します。どの介護ソフトを利用しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

 

どの介護保険ソフトを使おうか迷っているなら

また、当サイトではファーストケア以外にもさまざまな介護ソフトを紹介・比較しています。下記記事では介護ソフトとは?というところから、各介護ソフトの紹介も紹介しています。こちらも併せてチェックをしてみてください。

kaipoke.hatenadiary.com

まずはカイポケの無料体験利用がオススメ

中でも当サイトでは「カイポケ」を特にオススメしています。理由はいくつかありますが、大きなポイントは小見出しにもありますように、無料のお試し利用ができるのが非常に便利なのです。事業所さんによって期間は異なりますが、約2か月から「最大で18か月間」も無料で利用することができるのです。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

やっぱり実際に自分たちで使ってみて、ソフトの良しあしはわかってくるところもあります。どの介護ソフトを使おうか迷っている方は、ぜひまずはカイポケの無料体験をしてみることがおすすめです。

もちろん、これから紹介するファーストケアも非常におすすめできる介護ソフトの1つです。下記ではその理由について紹介していきます。

 

ファーストケアってどんな介護ソフト?

ファーストケアを運営しているのは、株式会社ビーシステムです。平成7年に創業した会社で、それからほぼ一貫して介護ソフト関連のビジネスをしています。平成9年に特養用の介護ソフトを開発したのをはじまりに、そこから着実に技術力を蓄積し、平成23年にファーストケアは誕生しました。それから幾度もの改善とパワーアップを繰り返し、現在ではファーストケアは人気のある介護ソフトの1つとなっています。

下記ではファーストケアの魅力を大きく「3つ」紹介します

1. 対応する介護サービス施設の広さが魅力

そんなファーストケアの特筆すべき特徴の1つは、その対応範囲の広さです。下記のようにさまざまな介護サービス別に対応することができます。 

  • 居宅サービス(訪問介護、リハビリ関連、福祉用具貸与、定期巡回など)
  • グループホーム(認知症対応型共同生活介護など)
  • 地域密着型特定施設(他に特定施設入居者生活介護など)
  • 老人保健施設(他に短期入所療養介護など)
  • 特別養護ロージンホーム(老人福祉施設など)
  • 小規模多機能版
  • 高齢者住宅版(サービス付き高齢者住宅、ケアハウスなど)

それぞれにオプションもありますので、機能拡充も可能です。ファーストケア1つあれば、どのサービスをどのくらい重点的に使いたいのかという観点で、自社に適した利用方法が可能です。1つのソフトでさまざまな事業に使えるのはとてもありがたいポイントです。

2. 料金設定がわかりやすく、選びやすい、そして安い!

ファーストケアの料金タイプは大きく2つあります。このどちらのタイプかということと、上述したどの介護サービス用のソフトを使うかによって料金は変わってきます。利用ユーザーが多くなるネットワークタイプのほうが料金は高くなっています。

1. 「スタンダードタイプ」

スタンダードタイプは、介護サービスが1つで、特定の職員のみが利用する場合に向いています。要は小規模な事業者さま向けだということです。各サービス毎の料金は下記になります。カッコ内が月額での利用料金です。

  • 居宅介護支援版・居宅サービス提供版(月々6,500円(税抜)~)
  • グループホーム版(月々7,200円(税抜)~)
  • 特定施設版(月々7,200円(税抜)~) 
2. 「ネットワークタイプ」

逆にネットワークタイプというのは、サービスが多様、複数の職員で利用する場合におすすめで、大規模事業所様に向いた料金タイプです。同じくサービス毎の利用料金は下記のようになります。 

  • 居宅介護支援版・居宅サービス提供版(月々13,400円(税抜)~)
  • グループホーム版(月々14,100円(税抜)~)
  • 特定施設版(月々14,100円(税抜)~) 

 以上、大まかですが、ファーストケアの利用料金について紹介しました。このように明瞭に料金設定がされていてわかりやすいというのが、ファーストケアのメリットだと思います。ぜひ、いろいろと検討されてみてください。

おまとめプランでお得なまとめ買いも可能

ちなみにですが、上記のように月額いくらで払うだけではなく、まとめて36か月分、60か月分の料金を支払うことも可能です。当然初期費用は高くなりますが、長期間利用することを考えると、総額ではお得になります。多様な支払方法をご希望のお客様には非常にありがたいプランです。

3. サポート体制が充実しているのも嬉しいメリット

3点目の魅力として紹介したいのは、そのサポートデスクの充実ぶりです。介護ソフトに限った話ではなく、購入した商品について質問したいことってあると思います。そうした時にサポート・ヘルプデスクの電話がつながりづらいと、それって相当なストレスですよね。

ビーシステムのファーストケアではそのようなことがありません。サポートデスクの対応はスピーディで、さらに非常に丁寧です。ですから、パソコンが苦手なスタッフでも多くの方がご満足いただけるはずです。実際、サポートデスクの対応についてのアンケートでは約9割の人が満足しているという回答をしています。自社のスタッフがあまりパソコンが得意ではないという場合には、このファーストケアは非常にオススメできる介護ソフトの1つです。

 

介護ソフト・ファーストケアを使ってみての感想

さて、そのファーストケアですが、実際に使ってみたユーザーからは下記のような声がよく聞かれます。どの介護ソフトを購入しようか迷っている方は参考にされてみてください。

  • 電話に加えて、リアルタイム遠隔操作などサポートデスクが本当にありがたい
  • 導入後もしっかりとサポートをしてくれるので安心して利用できる
  • 画面がわかりやすく、パソコンが苦手なスタッフにも好評
  • 若干、仕様が使いづらいところがある。たとえば、データ修正がしづらいのは難点
  • オールインワンだからこれ1つでいろいろできるのは便利

無料体験版「ファーストケアHoney」で無料お試し利用するのがオススメ

上記のようにファーストケアは利用者からも基本的にポジティブな声が多いように思いますが、実際に自分たちに合うかどうかというのは使ってみなければわからないところもあります。そうした方のためにファーストケアではHoney(ハニー)という名称でフリー体験版ソフトを用意しています。実際使えるかどうかを試したい方は、まずHoneyをご利用になってみてください。

比較検討の際にはカイポケの無料体験版もオススメ

ちなみにですが、冒頭で紹介した介護ソフト・カイポケも最大18か月間無料でお試し利用することができます。ぜひカイポケも利用してみて、ファーストケアとどちらが自社の業務に合うかを比較してみてはいかがでしょうか。無料お試し利用の詳細については、公式サイトをご覧ください。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

 

ファーストケア以外におすすめの介護保険ソフト

また、当サイトでは他にもさまざまな介護ソフトを紹介しています。下記記事でいろいろと紹介していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

  1. トリケアトプス
  2. まもる君(くん)
  3. 「寿(ことぶき)」
  4. 「ケアマザー(CareMother)」
  5. 「けあ蔵」
  6. 「介五郎」
  7. 「ケア樹Free」
  8. 介舟ファミリー
  9. エヌエヌプラスワン 
  10. ケアネットメッセンジャーの評判
  11. ワイズマン
  12. 「ほのぼのmini」

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました。