読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイポケビズお試し体験記

介護ソフト・カイポケを試してみた感想や使い勝手について書いています!

介護保険ソフト「寿(ことぶき)」の評判・口コミ

介護保険ソフト

f:id:marrige130110:20170207105655j:plain

今回の記事では「介護ソフト寿(ことぶき)」の評判・口コミをご紹介します。どの介護ソフトを使うおうか迷っていた方はぜひ参考にしてみてください。

なお、当ブログでは介護保険ソフトとして「カイポケ」もオススメをしています。寿もカイポケもそれぞれ良いところがあるソフトですから、利用する介護ソフトを決定する際にはぜひカイポケとも比較をしてみてください。ちなみにカイポケは、最大で18か月間も無料でお試しできますので、ぜひ一度お手にとって試してみてください。詳細は下記公式サイトよりご覧いただけます。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

それでは、下記では介護ソフト寿について紹介していきます。

 

介護システム・寿ってどんな介護ソフト?

まず最初に寿の概要について紹介します。

同じ名称のソフトが2つある?

その前に介護ソフト寿について調べてみようとした方の多くが、あれ、同じ名前の介護ソフトがあると思ったのではないでしょうか?検索をしてみると、検索結果には確かに下記のように異なる会社の2つのシステムが出てきます。

  • 介護システム「寿」-介護ソフトならソフトサービスライフケア
  • 介護ソフトをお探しなら/介護トータルシステム『寿』(南日本情報処理センター)

そうまさしく同じサービス名で介護系システムが2つあるのです。

実はソフトサービスライフケアのために寿を開発しているのが、南日本情報処理センター

では、これはいったいが何が違うのでしょうか。実はこのソフトは同じソフトのことを指しているのです。からくりは簡単でソフトサービスライフケアさんのために、寿を開発しているのが南日本情報処理センターさんなのです。ですから、基本的にはどちらのサイトをご覧いただいても構いません。ざっと見た感じですと、南日本情報処理センターのサイトのほうがソフト説明が豊富で、わかりやすいように思います。

それでは、謎もとけたところで、下記では介護ソフトの機能などについて紹介していきます。

ソフトの特徴について

それでは介護トータルシステム「寿」についてもう少し詳しく紹介していきましょう。まずこのソフトには大きく2つの種類があります。

  1. 介護トータルシステム「寿」
  2. 介護トータルシステム「寿」for Saas

これはどこが違うかと言いますと、前者はパソコンにインストールするタイプ、後者はWEBブラウザによってインターネット上から利用できるタイプです。それぞれ一長一短がありますので、自社の環境に合わせたソフトを選びましょう。この「Saas(ASP)型」についてと、パソコンにインストールする「パッケージ型」の違いについては、下記記事に詳しいので併せてご参照ください。

kaipoke.hatenadiary.com

寿の魅力は介護サービス別にきめ細かい対応がされている点

さて、そんな寿ですが、個人的にいいなと思うのは事業所のサービス毎に幅広く対応してくれる点です。下記のようにサービス毎に対応してくれます。当然と言えば当然ですが、施設のサービス内容によって介護ソフトに求める機能も変わってきます。そこにきちんと対応してくれているのが、寿の非常にいいところではないかと思います。

居宅介護支援サービス
  • 居宅介護支援事業所
  • 地域包括
通所系サービス
  • 通所介護
  • 通所リハビリ
地域密着型サービス
  • (看護)小規模多機能
  • グループホーム
  • 定期巡回サービス
訪問系サービス
  • 介護・看護
  • リハビリ・入浴
  • 居宅療養管理指導
  • 福祉用具貸与
施設系サービス
  • 介護老人保健施設(老健)
  • 特別養護老人ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅(サ高住・サ付き)

 

携帯端末と連携しているから仕事の効率化に役立つ

もう1つ、寿で注目しておきたいのはタブレットやスマートフォンでの利用に対応しており、しかもとても使いやすいところです。訪問先でご利用者さまの状況等をすぐ入力できますし、施設でも健康状態をすぐに記録できますので、これまでよりも業務効率を大きくアップできることは間違いないでしょう。他にも下記のような点を、モバイル端末で管理することができます。

  • 職員さんのスケジュールを簡単に確認できて、登録もできる
  • 病歴や主治医の情報など、利用者の健康状態を詳しく確認・記録できる
  • 訪問実績やケア実施記録、食事摂取量などをいつでも簡単に記録できる

運営会社が非常に熱心な感じなのが好印象

これはあくまで個人的な感想なのですが、寿の最大の魅力って販売者側の熱意じゃないかなと思います。MIC(南日本情報処理センター)さんが運営する販売サイトをご覧いただくとわかりますが、非常に可愛らしく手の込んだつくりのサイトになっています。

新着情報も頻繁に更新されており、ソフトに対する熱意や愛情というのが伝わってきます。寿日記というコンテンツもあり、ソフトの機能改善や追加、さらには法改正の際にはすぐに対応状況等を公表してくれます。こういった点から考えても、介護ソフト「寿」は非常に信頼できるソフトではないかと思うのです。

 

実際に利用している人の感想について

上述のように非常に良いソフトだと思う寿ですが、実際に利用している方の感想としては下記のような点がよく聞かれます。

  • 1990年から続いている老舗なだけあって、かゆいところまで手が届く機能の豊富さでありがたい
  • パッケージ型とASP型で選べるので購入しやすくてよい
  • ASP型はこれまでのパッケージ型と違って、導入がやりやすくて、費用的にもお得なのが嬉しい
  • 介護業務に必要な機能がこれ1つで全て網羅できているから、いろいろなソフトに手を出す必要がなく、わかりやすい
  • サービス毎に機能が細分化されているので、大手の会社には非常に役立つソフトだと思う

あくまでよく聞かれる声ですから、実際に利用してみると、また違った良さ、逆に物足りない面もあるかもしれません。いずれにせよ、一度お試しになってみてはいかがでしょうか。もっと詳しい内容について知りたい方は公式サイトより、カタログ請求もできますので、そちらをご覧になってみてください。

また、冒頭で紹介したカイポケは公式サイトより、お手軽に最大18か月間の無料試用を申し込むことができます。ぜひ、寿と併せて検討をしてみてください。詳細は下記より公式サイトをご覧ください。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

 

 

以上、介護保険ソフト寿についての紹介でした。。

「寿」以外におすすめの介護保険ソフト

なお、当サイトでは寿とカイポケ以外にもさまざまな介護ソフトを紹介しています。下記記事でいろいろと紹介していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

kaipoke.hatenadiary.com

  1. トリケアトプス
  2. まもる君(くん)
  3. 「ファーストケア」
  4. 「ケアマザー(CareMother)」
  5. 「けあ蔵」
  6. 「介五郎」
  7. 「ケア樹Free」
  8. 介舟ファミリー
  9. エヌエヌプラスワン 
  10. ケアネットメッセンジャーの評判
  11. ワイズマン
  12. 「ほのぼのmini」

 

 

 以上、お読みいただきありがとうございました。