読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイポケビズお試し体験記

介護ソフト・カイポケを試してみた感想や使い勝手について書いています!

どうやったら介護現場で優秀な人材を育成することができるのか?

カイポケのサービス

介護事業所で運営や経営に携わっている人にとって悩みの1つは、どうやってマネジメントを担う人材を育成できるかということではないかと思います。

そこで本記事では介護ソフトのカイポケを利用して、いかに人材育成を進めるか、そのためのポイントを紹介しています。

f:id:marrige130110:20161228170023g:plain

なお、介護ソフトのカイポケについて詳しく知りたいという方は、下記より公式サイトをご覧になってみてください。ちなみに、今なら最大で18か月間も無料で使えますので、まずは無料登録をして実際に利用されてみるのもオススメです。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

 

介護求人の応募者は背景が多様

経営者が人材育成にことのほか頭を悩ませる理由の1つには、やはり職員のバックグラウンドがさまざまだということがあるでしょう。高卒・大卒で入社する人もいれば、前職がいわゆる一般企業だけではなく本当に多様になります。さらにはもともと主婦のパートとして始めたのにいつの間にか責任者になってしまったというパターンもあるでしょう。

それゆえに、社員の考え方やスキルが本当にバラバラなのです。これは時にメリットとしても機能するでしょうが、そうでない場合もたくさんあります。特に問題なのは介護についての基礎的な知識や経験が足りないところでしょう。

資格があるだけで本当に十分か?

もちろん、優秀な人材を育成するための手段としては資格があります。実際、介護福祉士の仕事はマネジメントになるための登竜門的な位置づけにはありますし、ホームヘルパー(介護職員初任者研修)という介護職員としての基礎知識を身に付けるための資格もあります。

しかしながら、現場を見ればわかるように、資格を持っているだけでも実務になかなか活きないという場合もありますし、とりわけマネジメントができるできないについては資格とはほとんど関係ないという話になります。先述のようにバックグラウンドがさまざまな職員をまとめるとなると、誰が大変かというと、やはりそこをまとめる責任者ということになります。このような状況で優秀なスタッフ、責任者が育つのはなかなか難しいことだと言えるでしょう。

 

カイポケならスタッフの研修・教育・育成ができる

そんな中、質の高いサービスを提供するために重要となるのが、研修です。資格と何が違うのかと言えば、やはり実際の人間を相手にいろいろなことを学び、そして実体験できるところでしょう。資格も大切ですが、やはり人と触れ合うことで学べることも非常に大きいものです。

カイポケの場合には下記の観点に特に着目をしています。

  1. 長期的なキャリア観を養うための研修
  2. 介護技術を向上させるための研修
  3. マナーや法令面を学ぶための研修

職員全員が共通の知識を身につけることができる

これらの研修を行うことで得られる一番のメリットは、社員の中に共通の認識が整うことでしょう。上記のようなバックグラウンドが異なる社員であっても、皆で1つの研修を受けることで、介護に関する知識を整えられるのです。

また、同じ研修を皆で受けることで連帯感が強まるというメリットもあります。バックグラウンドが違う人だと、なかなか普段から仲良くしようと思えないこともありますよね。でも、実際に話してみるとすごく気が合うとか、仲良くなったということも珍しくありません。同じ研修を受けることで、そのようにそれぞれがそれぞれを深く知って、チームワークが向上するという効果も期待できます。

このようにカイポケが提供する研修を受ければ、優秀な人材の育成のきっかけをつかむことができると言えるでしょう。

今なら最大18か月間無料でお試しできる

冒頭でも紹介したように、カイポケなら今なら最大で18か月間も無料で利用することができます。さらに、研修については具体的に何を、どういう順番でやればいいのかというところまできちんとサポートしてくれています。

現場のスタッフ育成に頭を悩ませている方は、ぜひ一度カイポケをお試しになってみてください。もっと詳しい話や無料登録の申し込みは、下記より公式サイトをご覧ください。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました。