読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイポケビズお試し体験記

介護ソフト・カイポケを試してみた感想や使い勝手について書いています!

カイポケ、茶話本舗グループなどフランチャイズ本部向け対応を本格化

f:id:marrige130110:20161227144928g:plain

ちょっと古い話ですが、2016年の3月頃にカイポケは「茶話本舗」を運営する株式会社日本介護福祉グループの基幹業務システムとして利用されることがニュースになっていました。

介護ソフト「カイポケ」についての詳細は、下記より公式サイトをご覧ください。今なら最大で18か月間(つまり、1年半)も無料で使えるキャンペーン中ですから、非常にお得です!

 

茶話本舗とは?

茶話本舗は小規模デイサービスサービスをフランチャイズ提供するブランドです。主に「夜間対応型小規模デイサービス(通所介護)」を提供しており、平成19年には100件に満たなかった事業所数が、現在では約800件にまでなっています。少子高齢化が進む日本の現状と、フランチャイズ提供という優れたビジネスモデルによって、今まさに多くの人から求められている事業を提供しています。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

 

大手企業やフランチャイズ対応を本格化

カイポケではこれを契機に、今後も大手企業やフランチャイズに対するサービス提供を積極化していくという姿勢を打ち出しています。これによって期待できるのは、介護事業者・サービス利用者の圧倒的な利便性の向上です。

カイポケはこれまで主に中小事業者を対象にサービス提供をしていたわけですが、もちろん、一事業所内での事業効率化は大いに役立ちますが、どうしてもその規模で見ると決して大きいものではありません。日本全体の介護事業所という観点で見れば、まだまだ非効率な運営・経営が多くあるのが現状です。

それに対して、大企業やフランチャイズがカイポケを上手に利用すれば、それは日本全体に大きく影響する効率化が図れたといってもいいでしょう。結果として、介護現場で働く人、彼らからサービスを受ける人、皆が満足度を高められる可能性があるのです。そういった意味で、今回の茶話本舗を提供する株式会社日本介護福祉グループにカイポケが採用されたことは、日本の介護現場全体の大きなインパクトがある出来事だったと言えるでしょう。

その後も続々と大手企業への導入が決定

さらに4月にはリハビリ特化型デイサービス「リハプライド」を運営するリハコンテンツ株式会社、6月には「早稲田イーライフ」「カラダラボ」などへもカイポケを基幹業務システムへと導入することが決まっています。当初の目的の通り、着々とカイポケは業界に浸透しつつあります。今後もどういった企業に導入されていくか着目したいところです。

 

頑張っている自分を見なおしてみることの大切さ

ここからは個人的な乾燥ですが、私個人としてはカイポケに限ったことではなく、こうした業務効率化ソフトを使うことは非常に意味があることだと考えています。というのもたいていの場合、自分でも驚くくらいに普段の仕事には無駄が隠れているわけです。これは優秀かそうでないかということよりも、仕事自体がそういうものだと思うのです。

f:id:marrige130110:20161227145114g:plain

ただ、一方でなかなかそうは思えない人もいます。自分は精いっぱい頑張っている、無駄な時間なんて1分もない、朝から晩まで机に座ってPCに向き合っていると。こう言われてはなかなか返す言葉が見つからないのですが、その向き合っている時間に本当に無駄はないのか、PCの前でボーっとしてしまっている時間はないのか、それに考えていると思っている時間は本当に必要なのか、そういうことを見なおすことが大切なのではないかと思うのです。

まずは試してみること、百聞は一見にしかず

そうはいっても、なかなか説明しても理解してもらえないこともあるでしょう。その場合にはとにかくまずは触ってもらうことが大切です。1日でいいので、そのソフトを使ってみる、百聞は一見にしかずというように、実際に自分で使ってみることで一番よくわかると思うのです。

もし、企業の責任者・経営者であるのならば、その権限を用いて一気に導入してしまうというのもよいでしょう。最初は批判があったとしても、使っていれば慣れてきますし、そのソフトが本当に優れものであれば間もなく業務効率は大きく改善されてくるはずです。

いかにして生産性を上げるかという視点

日本人は生産性が低いとよく言われます。個人としてはそれぞれでも、全体としてはそういうところもあるのでしょう。上記のように自分は頑張っていると思って新しい知識やスキルを拒むことは、まさしくそういった状況を助長する要因になってしまうでしょう。

今後ますます人口が減り、1人当たりの生産性が重視されるようになります。そうした時に、今回のカイポケの取り組みのように、大きな場所を一気に効率化させるというアクションは非常に効果的だと思います。今後のカイポケの普及と、介護現場の生産性の改善に着目していきたいなと思います。

冒頭でも紹介しましたが、カイポケは最大で18か月間も使えて非常にお得ですので、ぜひとも一度無料お試しをされてみてください。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました。