読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイポケビズお試し体験記

介護ソフト・カイポケを試してみた感想や使い勝手について書いています!

介護報酬請求業務なら「けあ蔵」がオススメ

介護保険ソフト

f:id:marrige130110:20161213142802j:plain

介護事業所の皆さんにとって介護報酬請求業務をどの介護ソフトを使ってするかというのは大きな問題でしょう。当サイトでは下記記事のように色々なソフトを紹介していますが、それぞれが一長一短ですから、自分たちに合うソフトを見つけることがとても大切です。

kaipoke.hatenadiary.com

また、下記記事では実際にソフトを選ぶときの考え方について紹介しています。どれにしていいか迷っている時はぜひご覧ください。

kaipoke.hatenadiary.com

今回はその中の1つである株式会社KDDIエボルバが提供する「けあ蔵」について紹介をします。まずはけあ蔵の概要について紹介します。

 

けあ蔵ってどんな介護ソフト?

最初にけあ蔵についてですが、大きな特徴としては下記のようなものがあります。

  1. クラウド方式だからISDN回線が不要
  2. どのメーカーのソフトでも国保連に伝送可能
  3. 制度変更・料金改定については完全無料で対応
  4. 初期費用無し・初期設定不要
  5. KDDIのグループ会社だからこその安心感

以上、5点がけあ蔵の特徴だと言えます。1つでも2つでもピンときた方は、お試しで利用してみるのもいいかもしれません。

運用コストの安さが大きな魅力

個人的に特に強みだなと思うのは、初期費用無しという点ですが、それだけではなく実は月額料金も結構安いのです。ざっと下記のような価格です。

  • 居宅介護支援事業所向けサービス:5,000円
  • サービス提供事業所向けサービス:8,000円
  • 居宅介護支援事業所向けサービス+提供事業所向けサービスセット(伝送機能付き):12,000円

※上記はいずれも伝送機能付きの料金

基本的にはこれだけです。これなら、毎月のコストダウンを掲げる事業所であっても、十分に導入できる価格ではないでしょうか。これ以外には先ほども書いたように初期費用、保守費用などは必要ありません。伝送代行をする場合には月額で1,000円になりますが、それでも決して高くはないと言えるのではないでしょうか。この料金の安さは、けあ蔵の大きな魅力です。

 

評判・口コミ

では、実際にけあ蔵を利用している方からはどのような声が聞こえているのか、ここでは大きく3つのポイントを取り上げたいと思います。 

f:id:marrige130110:20161213142930j:plain

  1. 操作をしやすくて使いやすいので、中高年のスタッフさんも活用しています
  2. 最初の2か月間は無料で利用できるのがありがたい
  3. セキュリティがしっかりしているので安心できる

他にもさまざまな声はありますが、わりと上記3つが多くを占めているようです。冒頭でも述べたように、各事業所が介護ソフトに求める機能や魅力というのは、それぞれで異なるのではないかと思います。もし、上記のようなポイントに心当たりがあるのならば、けあ蔵はとてもマッチする介護ソフトかもしれません。

 

経営支援サービス「カイポケ」との比較

さて、それでは当サイトでオススメしているカイポケとの比較について簡単に記載しておきます。上記のようにけあ蔵はとても良いソフトではありますが、下記の2点いずれかが当てはまるようであれば、先にカイポケをお試ししてみるのをオススメします。

1. 無料のお試し期間をなるべく長く持ちたい

まず最初のポイントは「無料のお試し期間」についてです。けあ蔵は最初の2か月間は無料で利用できますが、申込前の無料の操作体験については基本的に14日間となっています。こういったお試し期間があるだけでもありがたいのですが、さすがに2週間では自社に合うかどうかを完全に見極めるのは難しいところもあります。

その点、カイポケであれば「最長でなんと18ヶ月、つまり約1年半」もの間も無料で使うことができるのです。もし、その期間の間に自社にイマイチ合わないと思ったのであれば、いつでも解約することができます。これはかなり太っ腹と言っていいのではないでしょうか。できる限り慎重に介護ソフトを選びたい、そんな事業所様にカイポケは非常にオススメできます。

より詳しい情報について、またお申し込みについては、カイポケの公式サイトより承っております。詳細は下記をご覧ください。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

 

2. 営業サポートやホームページ作成など起業直後の支援が欲しい

次のポイントは介護ソフトとしての機能だけではなく、経営についてのサポートも必要としている方です。見出しのように営業はどうすればいいとか、ホームページってどうやってつくるの?といったところは、介護職員から経営者になった方にとっては未知の領域ではないかと思います。

とはいえ、経営者であるからには、そういった領域に多くの時間を割くわけにはいきません。そこで役立つのがカイポケです。カイポケは経営支援サービスと銘打ち、こうした経営に関わる領域について、幅広くサポートしています。ですから、経営全般をサポートしてもらえる介護ソフトがあればありがたい、そんな風に感じる方はぜひカイポケをご利用されてみてください。詳細については、上記の画像より、同じく公式サイトをご覧ください。

けあ蔵以外におすすめの介護保険ソフト

また、当サイトでは他にもさまざまな介護ソフトを紹介しています。下記記事でいろいろと紹介していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

  1. トリケアトプス
  2. まもる君(くん)
  3. 「ファーストケア」
  4. 「寿(ことぶき)」
  5. 「ケアマザー(CareMother)」
  6. 「介五郎」
  7. 「ケア樹Free」
  8. 介舟ファミリー
  9. エヌエヌプラスワン 
  10. ケアネットメッセンジャーの評判
  11. ワイズマン
  12. 「ほのぼのmini」

  

 

以上、介護ソフトの「けあ蔵」について、またカイポケについて紹介させていただきました。お読みいただきありがとうございました。