読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイポケビズお試し体験記

介護ソフト・カイポケを試してみた感想や使い勝手について書いています!

介護保険請求ソフト・エヌエヌプラスワン

f:id:marrige130110:20170215171258j:plain

今回は介護ソフトの「エヌエヌプラスワン」の紹介をします。表記はNN+1とも書くようです。非常に人気のある介護ソフトの1つですから聞いたことがある方も少なくないでしょう。本記事では介護ソフト・エヌエヌプラスワンのどこがよいか、どういった事業者に向いているかということを紹介していきます。

 

介護ソフト「NN+1」のサービスの魅力

f:id:marrige130110:20160711162103j:plain

さて、ではエヌエヌプラスワンについてですが、ここでは大きく「3つの魅力」を紹介したいと思います。その前に、当サイトではタイトルからもわかりますように介護ソフト・カイポケもおすすめしています。

それぞれ一長一短ですから、エヌエヌプラスワンとカイポケ、比較をしてみて、自社に合うソフトを選ぶのがおすすめです。なお、本記事の最後では、エヌエヌプラスワンとカイポケ以外のおすすめの介護ソフトをいくつか紹介しています。介護保険ソフト選びに迷っているという方は、ぜひ併せてご覧になってみてください

 

カイポケとの比較もおすすめ

ちなみに、なかでも当ブログでは同じく介護ソフトの「カイポケ」という製品を、ブログのタイトルからもわかるように、基本的にはオススメしています

最大18か月間も無料で利用できてお得

カイポケは多機能ぶりや経営サポートが豊富な点が魅力のソフトですが、何より「最大で18か月間も無料」でお試し利用できるというのがユーザーとしては非常にありがたいところです。カイポケがどのようなソフトなのか、まずは直接触ってお確かめになってください。無料のお申し込みや詳細については、公式サイトからご覧ください

無料体験は公式サイトよりすぐにお申込可能 

 

ソフトごとの機能を比較することが大切

エヌエヌプラスワンと比較をした際に、どちらがよいかというのは一概に言えるものではありませんので、下記ではそれぞれのメリット・デメリットも交えながら紹介できればと思います。

それぞれについてカイポケとも比較をしていますので、自社がどっちよりかなというのを考えながら読んでいくと、向いているサービスが見つけやすいのではないかと思います。それではエヌエヌプラスワンの魅力について紹介していきます

1. 総合的な料金の安さ

まずエヌエヌプラスワンのいいところはその「料金の安さ」でしょう。月額料金だけを見ると、居宅介護支援:月額3,800円(税抜)、サービス提供事業所:6,000円(税抜)と、決して安くは見えませんが、要は追加的な費用がかからないのです。初期費用は0円で伝送用のISDN回線も不要ですから、出費は最小限です。さらに更新費用やサポート費用も必要ありません。利用する場所やパソコンが増えても料金はかかりません。

カイポケも法改正等による追加費用はかからない

この点はカイポケも似ていると言えるでしょう。月額費用はおおよそ5,000円~くらいとなりますが、上記と同じくバージョンアップや問い合わせ、また法改正などによる追加の費用はかかりません。ですから、変に追加料金が必要なものよりも、月額費用が固定されているほうが安心できるという場合には、両者はとてもオススメできます

2. シンプルな機能性

エヌエヌプラスワンの次のポイントは「シンプルな機能」です。シンプルと言っても機能的に不足しているわけではなく、請求業務等(利用票や提供票、計画書関連など)は基本的に網羅されています。もちろん伝送機能もあります。

誰でも気軽に使えて料金が安いのがメリット

ですから、最低限必須な機能を確実にできればよいという場合にはオススメです。機能がシンプルですから、職員が操作等で迷うことも少なく、わかりやすいので、教育コストがかからないのも魅力でしょう。もし、わからないことがあっても、サポート体制が充実しているので安心です。なんと「応答率99%」!サポートセンターにありがちなひたすら待たされるなんてことは、エヌエヌプラスワンではほとんどありません

反対にカイポケは多機能ぶりが魅力

この点については、カイポケとは大きな違いだと言えるでしょう。カイポケは「多機能」がウリのソフトです。請求業務だけではなく、採用やホームページ制作にも活用することができます。この辺りは施設の現状によるでしょう。たとえば、カイポケでサポートしている多くの機能、例えば採用やホームページが盤石なのであれば、請求業務だけのソフトでも充分でしょう。でも、そうなければ、カイポケを選択することにも意味があると言えるはずです。

3. 堅牢なセキュリティ対策

最後3つ目はその「セキュリティ対策」です。昨今、本当に驚くくらいにサイバーテロが増えています。

多発するサイバー犯罪

日本の企業でも大げさではなく、1か月に1回くらいは中小から大手から含めると、顧客情報流出のお詫びといった話題が出ているような気がします。気になったので調べてみると下記のようになりました。

  1. JTB子会社で約793万人分の顧客情報が流出(2016年6月)
  2. 通販サイト「e―LineUP!」の顧客情報が漏洩(2016年6月)
  3. 「THE KISS ONLINE SHOP」顧客情報最大20万件流出(2016年4月)
  4. 江崎グリコ、約8万3000件の顧客情報流出の可能性(2016年3月)
  5. ヤフー、FX子会社で顧客情報流出約18万件(2016年2月)

目立つところを見ただけでこれだけあったので、細かく見ればまだまだたくさんありそうです。

エヌエヌプラスワンならセキュリティ対策も安心

このような状況を鑑みてというところもあるのでしょうが、エヌエヌプラスワンではファイアウォールや通信データ暗号化、データのバックアップ等の対策によって、万全のセキュリティ体制を準備しているようです

 

以上、エヌエヌプラスワンについて「3つの魅力」を紹介しました

もっと詳しく知りたいという方は、ぜひ一度エヌエヌプラスワンの無料体験に申し込んでみてください。各種機能を「最大45日間」お試しで利用することができます。カイポケも最大で「18ヶ月間無料」で利用することができます。ぜひ実際に触ってみて、どちらがよいかを確かめてみてはいかがでしょうか。

無料体験は公式サイトよりすぐにお申込可能 

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました。

また、今回はエヌエヌプラスワンとカイポケのみのご紹介になりましたが、他にも多くの介護保険ソフトがあります。それぞれ一長一短がありますし、自社に合うソフトを探すなら他ソフトと比較することも大切です。下記では介護保険ソフトの紹介や、選び方のポイントなどを紹介していますので、ぜひ参考にされてみてください。

エヌエヌプラスワン以外におすすめの介護保険ソフト

また、当サイトでは他にもさまざまな介護ソフトを紹介しています。下記記事でいろいろと紹介していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

kaipoke.hatenadiary.com

  1. トリケアトプス
  2. 介護ソフト・まもる君(くん)の評判と口コミ - カイポケビズお試し体験記
  3. 「ファーストケア」
  4. 「寿(ことぶき)」
  5. 「ケアマザー(CareMother)」
  6. 「けあ蔵」
  7. 「介五郎」
  8. 「ケア樹Free」
  9. 介舟ファミリー
  10. ケアネットメッセンジャーの評判
  11. ワイズマン
  12. 「ほのぼのmini」

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました。