カイポケビズお試し体験記

介護ソフト・カイポケを試してみた感想や使い勝手について書いています!

ケアネットメッセンジャーの評判

f:id:marrige130110:20160629105844j:plain

今回は国保連伝送に使えるソフト、ケアネットメッセンジャーの評判や口コミについて紹介をします。

 

ケアネットメッセンジャーってどんなソフト?

さて、それではケアネットメッセンジャーについて紹介をしていこうと思います。このソフトはご存知の方も多いと思いますが、介護事業所が国保連伝送をインターネット回線を通じてできるサービスです。わざわざ電子証明書等を準備する必要がないので、とても楽に作業をできます

販売会社について

販売会社はNDソフトウェア株式会社です。介護や医療系のソリューションを多数提供している会社です。ケアネットメッセンジャ以外にも有名な「ほのぼのシリーズ」、勤怠管理システム、老健用ケアマネジメントシステム、アザラシ型セラピーロボット「PARO」、地域包括ケアシステムなどなど、さまざまな取り組みをされています。

 

ソフトの4つの強み・メリット

そういった経験豊富な会社ですから、ケアネットメッセンジャーも聞かれたことのある方は多いでしょうし、実際評判もいいようです。「よく聞かれる評判、特にいいところ」としては下記のような内容があります。

1. 電子証明書や伝送ソフトが不要だから、コスト削減できる

まず最初のメリットはコストダウンです。これ、どのソフトでもよく言われることだと思いますが、ケアネットメッセンジャーは月額の利用料がなんと「1,000円」と非常に安いです。電子証明書や国保中央会の伝送通信ソフトは必要ありません。伝送通信ソフトは数万円、さらに電子証明書も約1万円程度しますから、そう考えるとケアネットメッセンジャーを利用することで初期費用は大きく下げることができます。また、バージョンアップなどによる機能追加・保守といった費用もかかりませんのでご安心ください

ただし、オプション設定については熟慮の必要あり

ただし、各オプションを利用すると、あれ意外と高いかも!?という気がしないでもないです。もちろん基本的には不要なものだと思いますが、こんなオプションがあったんだ!?とならないために、利用前に事前にチェックをしておくようにしましょう。

2. 操作が簡単で管理機能も充実しているから、業務を効率化できる

次のポイントはその「操作性の良さ」です。介護のお仕事って50代や60代の方も珍しくはありませんので、ソフトを使うのが苦手という人も少なくないのではないでしょうか?とはいっても、どうしても操作がわからないということもあるでしょう。そうした時にケアネットですと、サポートがとても丁寧なので安心です。

しかも管理ファイル作成ソフトはどのメーカーでもOKなのがありがたいポイントです。これならややこしくないですし、インターネットができる環境ならどこからでも操作できるから便利です。

特許取得済みの法人本部管理機能が便利

ちなみにですが、特に便利な機能が法人本部管理機能です。これは本部からであれば全ての事業所に簡単にアクセスできるようになっているため、各事業所の状況を一括でチェックできるのです。手間をかけずに業務を行えるため、大規模な会社には特にオススメの機能です。

3. サポート体制が充実している

サポート体制とは具体的にはどういうことかというと、まずは当たり前かもしれませんが「マニュアルがきちんと用意」されています。基本的な操作については、これを利用すれば簡単に行えるはずです。

ホームページを見れば大抵の疑問が解決する

また、ホームページ上には「よくあるご質問」として、Q&A情報が充実しています。こちらをご覧いただけば、たいていの疑問は解決するのではないかと思います。さらに、お問い合わせのフリーダイアルとお問い合わせフォームまであります。受付時間は実はそんなに長くはありませんが、そういう時はお問い合わせフォームに連絡しておけば、きちんと連絡はもらえるはずです。

ソフトを利用していると、どうしてもわからないところって出てきてしまうものだと思います。ケアネットメッセンジャーではユーザーが困らないように万全の体制が準備されているのが非常に嬉しいところです。

4. 未請求防止の注意メールが届くので、請求ミスが起きづらい

さらにありがたいポイントとして、万が一請求を忘れている案件がある場合には、それをメールで知らせてくれるのです。何十、何百もの請求を取り扱っていれば、どうしても抜け漏れが出てしまうこともあります。ケアネットメッセンジャーにはそうした「ミスを防ぐ仕組み」が組み込まれているのです。

その他、セキュリティ強化の仕組み

その他安全性を高める仕組みとして下記のようなメリットもあります。

  • 銀行などで採用される暗号化技術SSLで情報のセキュリティを高めます
  • 政府機関も利用するサーバを、専門家が常に監視しているので安心
  • ISO/IEC27001:2005、プライバシーマークと国際標準の規格を取得済み

 

 

以上、大まかですがケアネットメッセンジャーの魅力について紹介をしました。このようにケアネットメッセンジャーは非常に良いソフトです。ただ、それだけでソフトを決めるのは不安という方もいるでしょう。下記では比較の対象として、本サイトでオススメしているカイポケについて紹介していきます。

 

介護保険ソフト・カイポケについて

当ブログではタイトルの通り、主にカイポケという介護ソフトをオススメはしていますが、他にもいろいろなソフトも紹介をさせていただきます。やっぱり、どんな事業所かによって最適なソフトというのも変わってきます。どういう事務所にはカイポケがオススメで、どういう事務所にはケアネットメッセンジャーがオススメかというのも、後ほど簡単に紹介をします。

最大で18か月間も無料お試しできてお得

ちなみに、そもそもカイポケなんて介護ソフト知らないよという方は、下記より公式サイトをご覧になってみてください。多機能ぶりが魅力のソフトです。「最大で18ヶ月間は無料」で利用できますので、ご興味あればぜひ一度体験をされてみてください。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

ソフトの選び方

では、このソフトと、カイポケを選ぶとき、どちらをどう選べばいいのかということについても考えます。結論としては国保連伝送以外について、たとえばスタッフの勤怠管理や、利用者の管理等に現在の体制で特に不満がなければ、ケアネットメッセンジャーを使えばいいのではないかと思います

逆にもしそういったところにも不満があるのであれば、カイポケは国保連伝送のみならず、そうした機能もありますので、一挙に改善できる可能性があると言えるでしょう。冒頭にも書きましたが、カイポケは多機能でさまざまな機能を持っています。こうして一元管理できるのが非常に大きなメリットだと言えるでしょう。このあたりについては、ぜひ一度カイポケの公式サイトをご覧になってみてください。

ケアネットメッセンジャー以外におすすめの介護保険ソフト

また、当サイトでは他にもさまざまな介護ソフトを紹介しています。下記記事でいろいろと紹介していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

kaipoke.hatenadiary.com

  1. トリケアトプス
  2. 介護ソフト・まもる君(くん)の評判と口コミ - カイポケビズお試し体験記
  3. 「ファーストケア」
  4. 「寿(ことぶき)」
  5. 「ケアマザー(CareMother)」
  6. 「けあ蔵」
  7. 「介五郎」
  8. 「ケア樹Free」
  9. 介舟ファミリー
  10. エヌエヌプラスワン 
  11. ワイズマン
  12. 「ほのぼのmini」

 

 

また、カイポケの国保連伝送機能については下記記事でも詳しく紹介しています。併せてご覧になってみてください。

国保連伝送ソフトならカイポケ

他にも当サイトでは介護ソフトをいくつか紹介しています。そちらもご参照いただくと、自社に適したサービスがよりクリアになるのではないかと思います。ぜひご覧ください。

介護ソフト「ほのぼのmini」が効果的な組織とは?

ワイズマンシステムSPってどんな介護ソフト?

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました。