読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイポケビズお試し体験記

介護ソフト・カイポケを試してみた感想や使い勝手について書いています!

介護事業所のホームページ作成ならカイポケ

カイポケのサービス

f:id:marrige130110:20160624175556j:plain

「カイポケなら簡単にホームページを作成できる」

介護事業所を起業したばかりだったり、もしくは10年も前にホームページをつくったような会社さんだと、ホームページをどうするかというのは大きな課題になっているのではないでしょうか。そこで本記事では、どうやって介護事業所が営業やマーケティングに役立つホームページを作成できるのかを考えていきます。

~目次~

 

ホームページからの申込みが当たり前の時代が来ている

というのも、今は介護業界においても、非常に多くの人がホームページ経由で申し込みをします。特に高齢者の息子世代30代、40代なんて日常的にパソコンやスマホを使っています。こういう人たちに対して「いいな!」と思ってもらえるホームページがないと、集客をするうえでは大きなマイナスです。

以上のような理由から、オシャレだったり、わかりやすいホームページを作りたいと思っている人は少なくないでしょう。それでは、どうやったら、介護事業所がそういった状況に対応できるのでしょうか

 

無料HP作成サービスは難しい

そうした人が最初に考えるのは無料のホームページサービスかと思います。便利なもので普通にオシャレで使いやすいサイトをつくれるサービスは少なくありません。有名なところでは下記のようなところでしょうか。

  1. WIX(ウィックス)
  2. Jimdo(ジンドゥー)
  3. FC2ホームページ
  4. Weebly
  5. Yahoo!ジオシティーズ
  6. Ameba Ownd(アメーバオウンド)
  7. strikingly

どれも普通にホームページをつくろうと思ったら、非常に簡単で便利でと良いサービスだと思うのですが、いざ介護事業所のホームページとなると、下記のような問題が生じてくると考えられます。

デザインセンスの判断が難しい

まず最初の問題はデザインをどうしようというところです。確かに上記のようなサービスはいずれもデザインのテンプレートがありますから選ぶだけでいいという点で非常に楽です。手間をかけずにWEBサイトをつくることはできます。

ただ、そのデザインが介護事業所として適切かとか、バナーをつくろうと思った時にも、それが適切かというのが判断しづらいところが問題です。よくあるのは最初はオシャレなテンプレートだったのに、自分でいろいろ追加していったら、いつの間にかごちゃごちゃしたサイトになってしまったというパターンです。いくらオシャレで簡単でも、こうしたデザイン面での判断がしづらいというのは問題です。

技術的な問題を解決しづらい

次に見た目だけではなく技術的なところも問題です。要はこんな機能が欲しいと思っても、無料ホームページですと機能的にこれ以上はいじれませんよ~といった限界があります。要は自由度が狭いということです。また、仮に自由度が広かったとしてもプログラミング等に詳しい専任のスタッフがいない場合には、やはり技術的な問題は解決しづらいでしょう。

無料サービスだと広告が入ってしまう

そして、これは非常に大きな問題です。たいていの無料サービスには無料の広告が入ってしまうことが少なくありません。そうなると、利用者からすれば、この介護事務所はあまりお金をかける余裕がないのかなとか、もしかしたらサービスも安かろうなのかなといった見られ方をしてしまう可能性も少なくありません。

このように、無料HPサービスは簡単にホームページをつくれるという点では魅力ですが、法人が集客を目的につくろうと思うと、上記のようにいろいろな問題が出てきてしまうでしょう。

 

WEBサイト制作会社は高い

そうなると、今度はプロに頼もうという人が多いでしょう。これなら、上記のような問題は防ぐことができそうです。プロですからデザインには詳しく、技術的な知識も持ち合わせており、当然広告など入らないはずです。

技術はあるが料金が…

しかしながら、そうなると、今度はお金の面で負担が増してしまいます。サイトの規模や機能によりますが、1つのWEBサイトをつくるのに50万円~100万円くらいかかるというのは珍しい話ではありません。大手のサイトだとさらに高くなる可能性もあるでしょう。そうなると、起業したばかりの介護事業所だとかなり厳しいはずです。ホームページにそんなにお金を払う余裕はないというところがほとんどのはずです。

知識がないからやり取りが難しい

また、仮に頼んだとしても、こちらにホームページの知識がないとそもそもやり取りが難しいという場合もあります。製作会社に言われるがままにつくっていたら、思い描いていたものと何か違うそんなことは少なくないでしょう。

 

カイポケでホームページを作ろう

そんな時にオススメしたいのが、カイポケという介護ソフトをつかってホームページを作る方法です。聞いたことがある人もいるかもしれませんが、カイポケは保険請求や国保連伝送のための介護ソフトです。他サービスと比べても多機能なことで知られており、採用ホームページとの連携、そして今回紹介するようにホームページまでつくることができるのです。

介護ソフトとしてカイポケを使ってさえいれば、ホームページは無料で作成することができるのです。詳細については、ぜひホームページをご覧になってみてください。なんと最大で6ヶ月間も無料のお試しをすることができるので非常にお得です。詳細は公式ホームページをご覧になってみてください。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

充実したカスタマーサポート

上記のように、カイポケは最大で半年間無料です。その間は通常の介護ソフトとしての機能も使えます。そして、嬉しいのはカスタマーサービスが充実している点です。カスタマーサポートというとなかなか電話がつながらないイメージを持つ人が多いでしょうが、カイポケならそんなことはありません。なんと、2013年12月平均で平均応答率98.2%という非常に高い数値を誇っているのです。

このように無料で利用できて、不安点も解消しやすいカイポケなら、最初のホームページ作成には非常に有効です。資金に余裕ができてくれば、より良いサイトを目指してWEB制作会社に頼んだり、自社専任のWEBスタッフを雇ってホームページ作成を内製化するというのもいいでしょう。

なお、カイポケではホームページ作成に限らず、さまざまな機能で介護事業所の経営を支援してくれます。たとえば、チラシや名刺と言ったデザインツールの作成も可能です。詳しくは下記の記事で紹介していますので、ぜひ併せてご覧ください。

kaipoke.hatenadiary.com

 

 

まずは、ぜひ一度カイポケをお試しになってみることをオススメします。以上、お読みいただきありがとうございました。