読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイポケビズお試し体験記

介護ソフト・カイポケを試してみた感想や使い勝手について書いています!

ワイズマンシステムSPってどんな介護ソフト?

f:id:marrige130110:20160616105128j:plain

「ワイズマンなら幅広い介護サービスに対応可能」

今回は介護保険ソフト「ワイズマンシステムSP」を紹介します。

 

なお、本サイトでオススメしている介護ソフト・カイポケも「最大18か月間無料お試し可能」とお得ですから、介護ソフトを検討している方はぜひ併せてお試しになってみてください。無料体験は5分足らずですぐにお申込み可能です

無料体験は公式サイトより5分でお申込可能 

 

ワイズマンとは?

f:id:marrige130110:20170220135427j:plain

介護ソフト・ワイズマンは既に全国で「約40,000」もの事業所が導入している人気のソフトです。株式会社ワイズマンが運営しており、既に全国で40,000を超える事業所で利用されている、業界でもトップ3に入る介護ソフトです。

 評判・口コミについて

 ワイズマンのいいところについて後程詳しく紹介しますが、よく聞かれるような感想としては下記のようなものがあります。

  • マニュアルやQ&Aが豊富で、操作方法を独学しやすいのが嬉しい
  • 月遅れ請求対象者などを自動でリストアップしてくれるから管理を効率的にできる
  • 法人内のケア記録を簡単に共有できるから利用者様の状況確認がスムーズ

など、全般的に機能が優れていて、「業務を効率的にできるようになった」という声が多いように思います。

普段の請求業務等で、もっと効率的にできないかなと頭を悩ませている方にはオススメできる介護ソフトです。

カイポケとの比較、まずは無料お試しがオススメ

一方、当サイトでおすすめしている介護ソフト・カイポケの場合には、その多機能ぶりや経営に役立つ機能などが評判です。こういったキーワードに興味があるという方にはカイポケもおすすめできます。

最大18か月間無料なので、実際に使ってみよう

その際には、まずは「無料体験」をしてみるのが一番です。習うより慣れろと言うように、やはり実際に触ってみてこそ使い勝手などはわかります。カイポケの場合にはなんと、「最大18か月間無料」のお試しを利用することができます。

無料体験申し込みは5分足らずですぐ完了

サービスの基本的な情報はもちろん、事業所の形態(通所、訪問、高齢者住宅、福祉用具貸与など)によって、どう使えば効果的かといったこともお話しています。無料体験のお申し込みはすぐにできますので、まずは公式サイトをご覧になってみてください。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

 

さて、それでは下記では、ワイズマンシステムSPについて、さらに詳しい情報を紹介をしていきます。ぜひ、カイポケとも比較をしつつ、自社にはどちらのソフトが合うかを検討してみてください。

 

ワイズマンのメリット

f:id:marrige130110:20170220102102g:plain

ワイズマンシステムにはいろいろと魅力的なポイントがあります。公式のホームページでも言われているのは、下記のポイントです。

  • 法改正の際にもスピーディで正確な対応
  • 豊富な機能がありながら低価格を実現
  • 基本的に料金の値上げはあまりない
  • 困った時にはサポートセンターの手厚いサポートがある

ただし、最近の介護保険ソフトだと、上記のような特徴は決して珍しい話というわけでもありません。たとえば、カイポケでも言葉としてはほぼ同じようなことが言えると思います。そうなると、いずれのポイントも実感するためには無料体験をさせてもらうなり、導入時にかなり細かく質問するなりといったことが必要かとは思います

ワイズマンは無料デモで、操作を体験できる

その点では上述したようにカイポケは非常に太っ腹で、無料体験期間が最大18ヶ月間もあるのです。一方ワイズマンでは無料体験がありません。ただ、実際に自社を訪れてくれての「無料デモ」がありますので、ここでいろいろと質問することが疑問の解消には大切でしょう

施設に合わせて最適なサービスを提供

上記のようにワイズマンにはいいところがありますが、個人的にすごくいいなと思ったのは、「事業種別ごとに適切なサービスが準備されている」点です。下記それぞれの施設において、オススメのサービスがありますので選びやすい、また使いやすいソフトがあります。これは非常にありがたい点ではないかと思います。

居宅介護支援サービス

大きく居宅介護支援事業所、地域包括支援センターの2つを対象としたソフトが用意されています。居宅介護支援の場合にはサービス計画書作成から始まり、利用票・提供票、さらには介護報酬の請求と基本となる作業の流れがあります。

ここをいかにスムーズに、そして正確に進められるかが、介護ソフト選びでは重要な視点になるかと思います。ワイズマンでは下記3つのソフトを用意して、業務の効率化をサポートしています。

  • 在宅ケアマネジメント支援システムSP
  • 受託業務オプション(介護予防予防業務)
  • 地域包括支援センター支援システムSP
施設サービス

施設サービスは大きく介護老人保健施設と介護老人福祉説向けのサービスです。こちらは施設の特性上、利用者の入所・退所が多いために、そうした書類業務が膨大になってしまいがちです。ここを適切に行えないと残業に結びついたり、書類の記入ミスで問題が起きたりといったことにつながってしまいます

介護ソフトにはそういったところをスムーズに行えることが期待されます。ワイズマンではこういった施設業務を一つのパッケージにまとめてくれています。幅広い業務サポートによって、非常に楽に作業を進められる期待が持てます。具体的には下記のようなソフトがあります。

  • 介護老人保健施設管理システムSP
  • 全老健版 R4システム (オプション)
  • 介護老人福祉施設管理システムSP
  • ケア記録OP+すぐろくTablet

さて、まずは二つの業態とそのためのサービスを紹介しました。これ以外にもワイズマンでは下記のような形態の施設等へのサービス提供を行っています。詳しいことについては、ぜひ公式サイトをご覧になってみてください。

  • 居宅サービス(訪問看護事業所、通所介護事業所など)
  • 地域密着型・特定施設サービス(小規模多機能、有料老人ホームなど)
  • サブシステム(栄養ケア・マネジメントシステムなど)
  • 障がい福祉サービス(障がい者支援施設、障がい者居宅介護事業所など)

以上のようにワイズマンでは各施設ごとに、適切なサービスを多数提供しています。このように最適化されたソフトがあることで、業務を効率化することが期待できると言えるでしょう。

 

 

もちろん、当ブログでメインとして紹介しているカイポケにはカイポケの魅力があります。ぜひ、そのあたりは比較をしてみてください。カイポケについては、下記より公式サイトをご覧いただくと、最大18か月間無料体験」の申し込みをすることができます。営業時間内だと15分程度でできますので、ぜひお申し込みください

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

 

ワイズマン以外におすすめの介護保険ソフト

また、当サイトでは他にもさまざまな介護ソフトを紹介しています。下記記事でいろいろと紹介していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

kaipoke.hatenadiary.com

  1. トリケアトプス
  2. 介護ソフト・まもる君(くん)の評判と口コミ - カイポケビズお試し体験記
  3. 「ファーストケア」
  4. 「寿(ことぶき)」
  5. 「ケアマザー(CareMother)」
  6. 「けあ蔵」
  7. 「介五郎」
  8. 「ケア樹Free」
  9. 介舟ファミリー
  10. エヌエヌプラスワン 
  11. ケアネットメッセンジャー
  12. 「ほのぼのmini」

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました。