カイポケビズお試し体験記

介護ソフト・カイポケを試してみた感想や使い勝手について書いています!

介護報酬のファクタリング、資金調達ならカイポケ

f:id:marrige130110:20160615143722j:plain

「カイポケならお得にファクタリングができる」

介護業界で働いている方、特に経営に関連した仕事をしている方だと、「ファクタリング」という言葉を聞いたことがある方がいるかもしれません。今回はこのファクタリングについて、そしてファクタリングのできる介護ソフトとして、カイポケやその他いくつかのソフトを紹介します。

~目次~

 

本サイトでは主にカイポケをオススメしているわけですが、カイポケ自体についてもう少し詳しく知っておきたいという場合には、先に公式サイトの情報を見ておくことでいろいろとわかりやすいかと思います。カイポケの公式サイトは下記よりご覧ください。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

 

ファクタリングとは?

では、ファクタリングについて紹介していきます。ファクタリングというのは、一般的に言えば「売掛債権の現金化による資金調達」のことです。企業の持つ売掛金をファクタリング事業者が買い取ることで、その企業に資金を提供するのです。売掛債権というのは、すでにサービス提供や商品販売が行われているのに、未だ支払われていないお金のことです。

介護業界におけるファクタリング

では、介護業界においてはどのような時にファクタリングによる資金調達が行われるのでしょうか。

介護報酬レセプト、給付金

介護業界においては、ファクタリングが当てはまるものの1つとしては介護報酬があります。介護の仕事でも介護サービスを提供して国保連伝送をしたあとに、入金までの間にタイムラグがあります。大きな企業であればまだしも、小さな会社だと、この未入金が経営に影響する場合も少なくありません。

そのような時にファクタリングを使えばよいのです。ファクタリングを行えば、国保連へ請求する介護保険給付費を、ファクタリング業者から先に受け取ることができるというわけです。ちなみに、これは負債扱いにはなりませんので、帳簿上でも悪影響を与えるものではありません。

メリット

メリットは上述した通りですが、資金繰りが心配な時や、急に資金が必要になった時、さらには銀行からの借り入れをこれ以上増やしたくない時などに、スピーディに資金を供給できる点です。特に起業して開業した直後に役立つこともあります。その点については下記記事にてご紹介しています。

カイポケ開業支援ってどんなことをしてくれるの?

しかも入金は基本的に現金ですから、キャッシュフローの改善、さらにはバランスシートの適正化という効果も期待できます。さらには担保が不要で手数料も安いため、小規模な事業所にとっては特に役立つ資金調達方法となります。

ただし、実際に利用するには申し込みをしてから審査があり、いろいろと段階を踏む必要があります。ですから、思い立ってすぐとはなかなかいきません。利用の際にはきちんとした計画を立てることが必要になるでしょう。さらに、ファクタリングをしている会社というのは、実は何社もあります。そこからより良い会社を選ぶのは簡単ではないというのも気を付けるべきポイントでしょう。

 

ファクタリングできる介護ソフト

さて、そんな非常に便利な資金調達方法である「ファクタリング」ですが、実は介護ソフトでそれを行えるサービスもあるのです。これなら上述したような自社でのファクタリング会社の選定や、申し込みといった作業を少なからず効率化、短縮化することができます。そこで、ファクタリングをできる介護ソフトとして、本記事では3つのサービスを紹介します。

経営支援サービスカイポケ

まず最初は当サイトでもプッシュしているカイポケです。こちらの場合には通常であれば約2か月ほどかかるはずの介護報酬の入金を約半月という期間でスピード回収できる仕組みが整っています。「介護報酬早期入金サービス」という制度がそれで、カイポケの会員になればご利用いただくことができます。冒頭でも書きましたが、カイポケは最大6ヶ月間ものあいだ無料体験ができますので、ぜひ一度お試しになってみてください。※営業時間内であれば、無料体験は申し込みから約15分程度でスタートできます

詳細は下記よりカイポケの公式サイトをご覧ください。

ASP型介護保険請求ソフト(スリー・テン)

こちらは厳密にはソフトでできるというわけではなく、上記のソフトを提供する株式会社スリー・テンが提供するファクタリングのサービスです。名称は介護報酬債権早期支払サービスと言います。こちらはなんと国保連伝送後に最短だと5日で現金化できるそうです。非常にスピーディに現金化できるのが魅力だと言えるでしょう。

ステー・テンさんについては下記記事でも紹介しています。カイポケ以外の介護ソフトも紹介していますので、ぜひ併せてご覧ください。

介護保険請求ソフト販売会社の比較

キャンビルプラス

こちらはASP型の介護保険請求サービスです。株式会社日本ケアコミュニケーションズが運営をしています。こちらでは他にも国保連伝送サービスのケアネットメッセンジャーや訪問看護ステーションの業務を支援するココナース、ケアマネの支援ソフトケアマネくんNeoなど、介護に関する幅広いサービスを展開しています。

そのうちの1つがファクタリングサービスで、ケアキャッシュインサービスという名称です。こちらも最短5日で現金化と非常にスピーディで、東京センチュリーリースやスルガ銀行、山形しんきん、庄内銀行などと提携しています。

 

ぜひ、いろいろと比較をしてみて、お好みのサービスを選んでみてください。なお、カイポケではファクタリング以外にも、介護事業所の経営に役立つたくさんの機能があります。下記記事で機能の紹介をしていますので、ぜひ併せてご覧ください。

kaipoke.hatenadiary.com

 

 

以上、ファクタリングについてと、ファクタリングの介護ソフトやサービスの紹介でした。お読みいただきありがとうございました。