読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイポケビズお試し体験記

介護ソフト・カイポケを試してみた感想や使い勝手について書いています!

介護ソフトのデータ移行が大変ならカイポケ

f:id:marrige130110:20160601153401j:plain

「カイポケならデータ移行を簡単にできる」

介護ソフトに限った話ではなく、インターネットのサービスでデータの移行をしようと思ったら、とても大変ですよね?たとえば、サーバー移行。旧サーバーからデーターを抽出して新サーバーに移すわけですが、なぜかきちんと表示されない!?なんて経験がある方もいるでしょう。

他にも、パソコンを買い替えたから全部データを移行していたら、丸1日かかってどうにか終わったとか、さらにはブログの移行だっていろいろ面倒です。エクスポートしてからインポート、インポートしていざ見てみたら、なんか変な風に反映されてしまっている…、そんな話も少なくありません。下記では、どうやってデータ移行をスムーズにできるのかを考えていきます

~目次~

 

介護ソフト・カイポケの基本情報

そういった悩みを解決するために、本記事ではカイポケという介護ソフトを紹介しています。そもそもカイポケを知らないよという方もいらっしゃると思います。まずはカイポケについて知りたいということであれば、下記より公式サイトをご覧ください。「最長で18か月間無料体験できる」という、非常にお得なソフトです。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

 

データ移行はなぜこんなにめんどくさいの…?

データ移行ってなんでこんなにめんどくさいんでしょうか?よくある話として、本記事では3つのポイントをご紹介します。介護ソフトの乗り換えに限らず、これからお仕事で、プライベートでデータ移行をする際には、ぜひこのポイントを思い出してみてください。

1. さまざまな拡張子

まず出てくる点としては、データの拡張子があります。画像であれば、jpgが最も有名化と思いますが、pngにgif、さらにはbmp、ico、mp3、rdfなどなど、画像だけでもいろいろです。さらにアプリケーションごとに違うのは当然としても、上述したブログのテキストなんかだとtxtに、dat、xmlなどなど、こちらも実はさまざまです。

データ移行に際しては、まずはこの拡張子に着目しましょう。サービスによって、どの拡張子を使えるかというのは変わります。上記を見るとたくさんあるように思いますが、よく使うファイルというのは実は限られてもいます。ちょっとずつでもいいので覚えてみると、パソコン作業が少し楽しくなるかもしれません。

2. データ形式の違い

上記の観点で考えると、介護ソフトのデータ移行でよく使われる拡張子というのは、おそらくcsvかと思います。利用者データなどは大抵の場合、csvデータがカンマ区切りなどになって保存されています。で、拡張子が一緒だから問題ないと思って、データ移行をしようとすると、なぜか赤文字でエラーが出る…、そんな時に疑うべきがデータ形式の違いです。

データ形式とは、あくまで例ですが、1列目に住所、2列目に氏名、3列目に電話番号というデータがあるときに、もう片方は3列目がFAX番号、そして4列目が電話番号だという場合です。これでは同じcsvデータであっても、形式が違うわけですから同じように取り込むことはできません。こういった形式の違いというのは、実は非常に多いものです。

それも当然ですよね、各社がそれぞれのソフトでベストと思う形でデータをつくっているわけですが、それが一致することって実はあまり多くないものです。公共のデータ(ex.オープンデータ)だったりすると自治体間で連携して形式を揃えましょうみたいな話もあるかもしれませんが、介護ソフトのような場合にはそれもなかなか難しいでしょう。この点については、データを抽出する古いソフトと、これから使う新しいソフトでデータがどう異なっているか、この点についてはチェックしておいたほうがよいでしょう。

3. ブラウザによる動作の違い

さらに、案外ハマってしまうポイントとして、ブラウザの違いがあります。よく使われているブラウザというと、インターネットエクスプローラー(IE)が有名でしょうが、最近はGoogle ChromeやFirefoxといったあたりも利用者が非常に増えています。このブラウザごとによって、表示のされ方や使える機能が異なったりするので注意が必要です。

特にIEは、各バージョンで癖があると言われています。最近はマイクロソフトでもどんどん統合していこうという動きがありますし、これからはedgeという新しいブラウザが使われることにはなっていますが、実はまだまだ会社では古いブラウザを使っているという人も少なくないはずです。もし、介護ソフトの移行に際して、データがうまく読み込まれないとか、機能が上手く動かないといった場合には、このブラウザについて注意をしてみてもいいかもしれません。

 

カイポケなら専任担当者が無料でサポート

このように、いろいろと考えるべきことがたくさんで大変なデータ移行ですが、カイポケではこうしたデータ移行をなんと無料でサポートしてくれます。しかも、嬉しいことに専任担当者が手厚いサポートしてくれるという手厚いサービス付きです。詳しいことについては、ぜひ無料体験をして、データ移行について相談をしてみてください。きっと、とても丁寧に教えてもらえるはずです!

もちろん、担当者がいるからといって、いっさいを全て任せきりとはいきませんが、それでもきちんと知識のある方に手伝ってもらえるというのは、非常に嬉しいポイントです。利用者情報や取引先情報など、施設運営に必要なデータをスムーズに移行することができます。

データ移行に際しては、これがカイポケの一番の魅力だと言えるでしょう。餅は餅屋というように、プロの手に任せることで、経営者は施設の経営に存分に集中することができるというわけです。

また、カイポケでは他にも事業所の経営に役立つ機能がたくさんあります。下記記事で紹介していますので、ぜひ併せてご覧ください。

kaipoke.hatenadiary.com

 

 

以上、データ移行における基本的な話と、カイポケのデータ移行の便利さについて紹介をしました。こうした介護ソフトの乗り換え問題についてのわずらわしさや大変さについては、下記記事にも詳しいのでぜひ併せてご覧になってみてください。

お読みいただきありがとうございました。