読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイポケビズお試し体験記

介護ソフト・カイポケを試してみた感想や使い勝手について書いています!

カイポケ開業支援ってどんなことをしてくれるの?

f:id:marrige130110:20160523134255j:plain

「カイポケがあれば介護サービスの開業に悩まない」

カイポケのサービスの一つに「カイポケ開業支援」というサービスがあります。これはその名のとおり、介護事業で独立を検討している方のために、さまざまな面でサポートをしてくれるサービスです。

 

開業に必要な手続き全般をわかりやすくサポート

介護で開業するにあたっては、そもそも法人の設立から、融資・物件選定・採用、指定申請、利用者獲得のために営業等、施設の運営など、考えるべきことだらけです。

カイポケがあれば、効率的にスピーディに開業できる

これらを1人でしかも独力でやろうとするのは非常に大変です。そういった方のために、「カイポケ開業支援」というサービスがあるのです

下記でサービス内容をさらに詳しく紹介しますので、ぜひご参考にされてみてください。

 

介護ソフト・カイポケについて

その前にそもそも「カイポケ」ってなんだ??という方は、下記をご覧ください(カイポケは保険請求はもちろん、介護に関する様々な経営業務ができる介護ソフトです)。「最大18か月間も無料」で利用できますので、ぜひお試しになってみてください。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

特に開業直後というのは、施設利用者を集めることに苦心する方が少なくありません。下記では具体的にどのように営業すればよいのかを考えています。併せてご覧になってみてください。

kaipoke.hatenadiary.com

 

介護事業での独立・開業を協力サポート!

さて、上述のようにカイポケ開業支援では、介護事業での独立を支援してくれます。

では、具体的に「どのような流れで、どのようなことを助けてくれるのか」、下記に大まかにまとめてみました。

いま開業を考えている方は、下記の流れで考えてみて問題はないはずです。それぞれ、ご自分だったらどうしたいかもぜひ考えてみてください。もし、カイポケが役立ちそうか本思ったら、ご利用も検討いただけると非常に嬉しいです。

1. 介護事業に適した法人の設立方法

介護事業を始めるためにはとにもかくにも「法人登記」が必要です。法人格については大きく考えると、以下のような種類のものがあります。 

  • 株式会社
  • 合同会社
  • 有限会社
  • NPO(非営利組織)

 一般的には株式会社が多いと思われますが、それぞれメリット・デメリットがあります。何がどのように違って、自分のやりたいことをやるためには、どの形態が最適か、一度しっかりと考えるのがオススメです。

カイポケを使えば法人登記の料金が安くなる

なお、法人を設立するには株式会社だと約2週間程度の期間が必要になります。形態によっては多少の違いがありますが、2週間程度は時間が必要だということを踏まえたうえで計画を練りましょう。

お金がどれくらいかかるかについては、「約20万円程度が費用の目安」となります。ただし、カイポケを使うと多少安くなるのでオススメです!

また、起業について特に居宅介護支援の場合には、下記記事でさらに詳しく書いていますので、こちらの記事もぜひご覧ください。

居宅介護支援サービスの起業・立ち上げ

2. 開業資金の調達について

無事に報じ設立の目途がついたら、次は事業を運営するためのお金を集めましょう。一般的には下記のような方法があります。 

  • 自己資金
  • 家族や友人からの資金支援
  • 金融機関からの融資
  • ベンチャーキャピタルからの融資
  • エンジェルからの投資
  • 政府等からの助成金
  • その他、借り入れ

 たとえ、どれだけ有望な事業であったとしても、自分以外から資金を募るというのは簡単なことではありません。

事業計画書、損益計算書、資金繰り表など、事業の計画、そして将来性を証明するための書類が必要になります。カイポケはこういった「書類作りのサポート」も行ってくれます。

カイポケなら安全に運転資金を確保できる

借りるのであれば当然返済義務もあります。充分な売り上げがたたない時点で大幅に借り入れてしまうことは、経営を圧迫する要因にもなりますので、注意が必要です。誰からどうやって融資を受けるかは慎重に検討する必要があるでしょう。

なかには返済不要な資金もありますので、きちんと考えておきましょう。また、こういった場合は「ファクタリング」が非常に役立つことがあります。ファクタリングの活用方法は下記記事をご参照ください。

介護報酬のファクタリングならカイポケ

3. 物件選びのヒント

次はどこに施設を建てるかを考えます。これも当然、施設の種類によって、どこがいいのか、どういった施設形態がいいのか、いつの時期がいいのか、そういった諸条件を十分に吟味する必要があります。

カイポケなら物件選びに大事な条件がわかる

そのためにはまずは商圏調査、施設形態に必要なものの精査、どこで購入・建設をしたらいいのかといったことまで考える必要があります。カイポケを使えば、下記のような項目について、検討の支援をしてくれます。 

  • 高齢化状況や競合状況を踏まえたうえでの証券調査
  • 賃貸をする場合の物件の選定基準
  • 安定した利用者獲得のための立地調査
  • 必要な什器の整理
  • リフォームの検討
  • 適切な車両選びの方法

4. 人材の採用と教育研修

建物や什器以上に大変なのが、採用でしょう。特に少子高齢化が進展する現在においては、ますます「介護系の仕事は人手不足」となっています。そのような中で開業にあたって必要な人材を確保するのは決して簡単なことではありません。

一般的には下記のような方法で人材を獲得します。

  • 友人からの紹介
  • 求人サイトへの広告掲載
  • 派遣会社へ依頼
  • 人材紹介会社へ依頼
  • スカウト、ヘッドハンティング
  • 自社ホームページからの求人募集
  • 各種SNSの活用
カイポケなら採用に必要な体制を整えられる

また、一口に人材と言っても職員からマネージャー、ケアマネ、ヘルパー、看護スタッフ、その他専門職など、「採用すべき職種は多様」です。各職種でどのくらいの人数が必要なのかといった、採用計画についてはしっかりと作成しましょう。

また、人材の採用においては、優れたホームページの存在も欠かせません。いかにWEBを活用するか、その点については下記記事をあわせてチェックしてみてください。

介護事業所のホームページ作成ならカイポケ

5. 指定申請の方法

指定申請は開業事業として認めてもらうために必要な申請です。法人登記をしただけでは、介護事業所として運営を開始することはできないのです。

指定申請」を受けるためには、お近くの役場で資料をもらい、提出する必要があります。まずは、お近くの役所へと問い合わせをしてみてください。

以上、おおまかな介護事業所の開業の流れでした。

 

6. カイポケなら無料で支援をしてくれる!

開業というところまでは、ざっくりと以上のような内容になります。

ただ、当然利用者がいなければ、継続的に経営・運営をすることはできません。利用者獲得のために、営業、広告といった活動も必要になりますし、日々の運営のためには職員の方への給与支払いなど非常に多様な事務作業があります。何が必要でどうやるかについてはしっかりと検討をしておきます。

カイポケはお試しが最大18か月間も無料でお得

カイポケではこうした内容についても、基本的にはすべて無料で支援してくれます。カイポケ 経営支援サービスの名の通り、経営全般に必要なことをサポートしてくれるのが、当ソフトの最大のウリなのです。

最大18か月間無料」で体験することができますので、開業を検討されている方は、ぜひ一度ご覧になってみてください。詳細については、上記バナーをクリックして、公式サイトをご覧になってください。

また、申し込み方法がわからないという人もいるかと思いますので、当サイトではカイポケの無料体験(最短でも2か月、最長で6ヶ月無料で使えます)の申し込み方法について下記記事でご案内していますので併せてご参照ください。


 

以上、カイポケ開業支援サービスのサービス紹介でした。

お読みいただきありがとうございました。