読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイポケビズお試し体験記

介護ソフト・カイポケを試してみた感想や使い勝手について書いています!

デイケア(通所リハビリテーション)にカイポケをオススメする理由

f:id:marrige130110:20160519143539j:plain

「デイケア施設にはカイポケがおすすめ」

今回はデイケアにおけるカイポケの活用方法を考えてみます。通所リハビリテーション施設を経営している方の悩みというと、大きく下記の三つがあるのではないでしょうか。

  1. 事務作業が多量でどうしても職員の残業時間が増えてしまう
  2. 加算の把握・管理を適切にかつスピーディにできない
  3. なかなか優秀な人材を採用できない

本記事では、これらの悩みについて、カイポケを使うことでどのように解決できるかを下記で見ていきます

~目次~

 

介護ソフト・カイポケの基本情報 

もし、そもそもカイポケってなんだろう?ということであれば、下記より公式サイトをご覧になってみてください。カイポケは最低でも2か月間、「最長18ヶ月間を無料お試し」で利用できます。どんなソフトか?を理解するにはご自身で触ってみるのが一番だと思いますので、是非一度お試しになってみてください。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

 

1. 職員の残業時間が多い

事務作業はIT化が進んでいないところだとどうしても余計な手間がかかってしまうものです。たとえば、最新のデータがどれだかわからなくなってしまったとか、手書きのメモをいちいちパソコンで転記しているとか、さらには似たような書類を作るときに基本情報も手入力しているとか、当たり前のようでいて無駄に時間をとってしまうことがよくあります。

タブレットを使うことで、各種記録をスピーディにできる

こういった悩みについては、カイポケではタブレットの利用を推奨しています。タブレットで実績やバイタルが記録できますので、上記のほとんどはそれだけでほとんど解消することができます。さらにパソコンと楽々連携をすることもできますので、記入した実績が請求ソフトと自動で連動したり、介護記録や日報等についても必要となる帳票に自動で転記されるという便利っぷりです。

タブレットに不慣れな方だと、それだけで拒否反応を起こされる方もいるかもしれませんが、使ってみればその便利さはきっとわかるはずです。操作もほとんどが直感的にわかるものですから、ガラケーしか触ったことがないから…と気後れする必要もないはずです。こうしたスタッフの働き方問題を改善したいという場合には、下記記事でカイポケの活用方法を詳しく紹介しています。こちらの記事もあわせてどうぞ。

ヘルパーのシフト管理用介護ソフトなら

 

2. 情報の管理が効率的にできない

2つ目のカイポケのメリットは過誤請求のリスクを減らせることです。よくあることだと思うのですが、加算の算定状況を現場のスタッフしか把握していないことで、いざ全体を見た時に困ってしまうという状況です。今後は少子高齢化によってさらに増加する社会保障費を鑑みて、請求内容の審査もかなり厳しくなることが予想されます。そうなると、現場しか加算状況がわかっていないのは、大きな問題を発生させる原因にもなりかねません。

カイポケなら各種情報を簡単に一覧視できる

この点については、カイポケでは各利用者ごとに算定要件を満たしているのか、どんな資料が関係しているのか、算定要件はどのような内容かといったことを一覧で見ることができます。さらにその場で要件を満たしているかも確認でき、すぐに請求データにも反映されますから、誤った請求を大幅に減らすことができるはずです。

このように、各人がそれぞれでやったり、手書きなどでやったりすると、大変な情報の管理を、カイポケでは画面上で一元管理することができます。いま、事務所において、情報管理が不十分だとお漢字の場合には、ぜひ一度カイポケを試されてみてください。

 

3. 採用活動がうまくいかない

さいご3点目は採用活動についてです。介護職というと、どうしても未経験の方が多く来られます。実際人手が足りないので門戸を広げざるを得ない面もあるのでしょうが、デイケアのような職場においては経験があり、かつ当然デキる求職者に来てもらうのが一番なわけです。

ただ、そうした人材を集めようと思うと、今度は料金が高いという問題が立ちはだかります。そもそも求人を掲載するのに数万円かかりますとか、成果報酬の場合は年収の何%だとか言われても、そんなに蓄えがたっぷりな施設というのも決して多くはないかと思います。

カイポケなら求人サイトを無料で使える

それがカイポケの場合には、なんと大手の介護系求人メディア「カイゴジョブ」に求人を無料で掲載できてしまうのです。この理由はカイポケとカイゴジョブの運営元が同じ株式会社エスエムエスという理由からです。エスエムエスは介護関連の幅広い事業を展開しており、東証一部にも上場している大企業です。それゆえに、こういった手厚いサービスが可能なのです。また、採用活動を楽にそして、効果的に行うには自社ホームページの存在も重要です。そのあたりは下記の記事にも詳しいのであわせてどうぞ。

介護事業所のホームページ作成ならカイポケ

 

カイポケは実は非常にお買い得!?

カイポケというと、高いと思われる方もいるかもしれませんが、採用広告費がタダになると考えたら、それって本当に高いのでしょうか?さらに、カイポケは経営支援サービスとうたっており、採用以外にも経営全般で必要なことを支援してくれます。それを考えると、逆に現状の料金は非常に安いのではないかと思います。

このように、デイケアのような場においても、カイポケは非常に役立つといえます。他にもサポートセンターのの応答率が98%越えと非常につながりやすかったり、他サービスからのデータ移行も無料だったり、法改正時にもお金はかからなかったりと、かゆいところまでしっかりと手の届くサービスを提供してくれています。

 

無料のお試しを試してみたいという方は、下記から公式サイトをご覧いただき、「無料体験してみる」の緑のボタンをクリックして申し込んでください。

なお、無料体験終了後の料金については、下記記事に詳しいので併せてご覧ください。

kaipoke.hatenadiary.com

 

介護保険請求ソフトで迷っていた方は、ぜひカイポケの無料お試しをやってみてください。上述したように、最大で6ヶ月間無料で使えますので、実際のところ良いか悪いか、存分に堪能いただけるはずです。

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました。