読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイポケビズお試し体験記

介護ソフト・カイポケを試してみた感想や使い勝手について書いています!

介護保険請求ソフト販売会社の比較

介護保険ソフト

f:id:marrige130110:20160512152852j:plain

「販売会社で見る、最適な介護保険ソフトの選び方」

介護ソフトを選ぶときに実は大切なポイント、それは「サービスの運営会社」です。

 

信頼できる運営会社かどうかは重要なポイント

なぜなら、使い込んで慣れてきたぞと思った矢先に、会社がなくなってしまいましたなんてことが無いとも限らないからです。このご時世、決してありえない話ではありません。

ユーザーの声を評判してもらいやすいのがメリット

それに、親会社が信頼できれば、サービスのクオリティもある程度は信頼できるはずです。それに、大手だからこそユーザーの声を聞いてくれるというメリットもあります。

そこで、下記では介護保険請求ソフトの販売会社とそのソフトについて紹介していきます。

 

オススメの介護ソフトをランキング形式で紹介

しかしながら、介護ソフト全てに目を通そうと思ったら相当な数です。少なくとも10や20ではきかないはずです。

人気の事業所向けサービス

ここではよく名前をきく、人気のソフトを「7つ」紹介をしようと思います。

  1. カイポケ経営支援サービス
  2. エヌエヌプラスワン
  3. ほのぼの mini
  4. ケアネットメッセンジャー
  5. ワイズマン
  6. ファーストケア
  7. まもる君

とりあえず試すならカイポケがおすすめ

もし7つもチェックをしている時間がないということでしたら、当サイトでプッシュしているカイポケが一番オススメできます

なぜなら、カイポケは「18か月間も無料お試しをできる」からです。費用をかけずに、介護ソフトの使い勝手を試すのには最適です。お申し込みも5分ほどでできますので、ぜひお試しになってみてください。

無料体験は公式サイトよりすぐにお申込可能 

 

1. 株式会社エス・エム・エス

それでは1つ目の会社から紹介していきます。まず、本サイトでメインの介護ソフトとして紹介している「カイポケ」を作っている会社です。

どのような会社か?

エス・エム・エスは創業は2003年とまだ新しい会社ですが、ものの10年あまりで現在は売上高140億円を超える大企業になっています。2008年にはマザーズに上場し、2011年には東証一部に上場します。これから紹介する他サービスの会社と比べても、トップクラスの規模の会社かと思います。

事業内容

カイポケも含めて、大きく下記5つのジャンルで事業を展開しています。

  1. 介護分野サービス(ケアマネドットコム、安心介護、ヘルプユーなど)
  2. 医療分野サービス(ナース専科、GALENUS、ココヤクなど)
  3. キャリア分野サービス(ケア人材バンク、シカトル、看護奨学金Naviなど)
  4. ヘルスケア/シニアライフ分野サービス(なるカラ、エイチエ、ライブリーなど)
  5. グローバル分野サービス(MIMS、Wadoc、NursCapeなど)
介護ソフト・カイポケについて

さて、そんなエス・エム・エスが販売する介護ソフトは、一言で言うなら非常に多機能なソフトです。特に経営に役立つ機能がありますので、事業所の経営について悩みを抱える責任者、経営者の方には非常に強い味方になってくれるはずです。

最大で18か月間もお試し可能でお得

さらに詳しい情報については、下記より公式サイトをご覧ください。最短で2か月、最長で18ヶ月間無料でお試し利用をできますので、ぜひご覧になってみてください。※お試し利用をするには、公式サイトの無料体験してみるという緑のボタンをクリックしてください。

無料体験は公式サイトよりすぐにお申込可能 

 

2. 株式会社スリー・テン

次はエヌエヌプラスワンを販売する株式会社スリー・テンについてです。こちらは兵庫県にて1993年に創業、途中携帯ゲームコンテンツや任天堂DSソフトなども販売しながら、2008年4月に介護保険請求ソフト「エヌエヌプラスワン」を発売しました。

事業内容

大まかに下記のようなサービスを展開しています。

  • ASP型介護保険請求ソフト
  • ソフト連携サービス【口座振替サービス】
  • 介護報酬ファクタリングサービス
  • コミュニケーションエイド あのね♪DS
  • 介護福祉士受験対策アプリ

 ちなみにですが、このスリーテンさんも参入しているファクタリングについて、下記記事で詳しく紹介していますのでご覧ください。スリーテンさんもそうですが、カイポケでもファクタリングをすることは可能です。支払いサイトにお悩みであればぜひご活用ください!

介護報酬のファクタリングならカイポケ

 

3. NDソフトウェア株式会社

こちらはほのぼのminiを販売するNDソフトウェア株式会社です。本社は山形県で全国各地に営業所があるようです。創業はスリー・テンよりさらに古く1976年になります。それから徐々に大きくなり、はじめて「ほのぼの」シリーズを販売したのは1992年でした。

事業内容

上記2社と同様にこちらも主に医療や介護、それについてのシステム制作を主な事業としているようです。事業全体としては下記のようなことをやっているようです。

  • 介護サービス向け製品
  • 障碍者福祉向け製品
  • 医療機関向け製品
  • 基幹業務向け製品
  • 自治体様向けソリューション
  • ASPサービス
  • その他製品

ほのぼのシリーズの1つであるほのぼのminiについては、下記記事で詳しく紹介しています!あわせてチェックをしてみてください。

介護ソフト「ほのぼのmini」が効果的な組織とは?

4. ケアネットメッセンジャーもこちらの会社

さて、4つ目に紹介した「ケアネットメッセンジャー」という介護ソフトですが、実はそちらもこのNDソフトウェア株式会社さんの開発になります。ケアネットメッセンジャーは業界最大手の国保連伝送サービスになります。

国保連伝送をするなら非常に便利

価格の安さ、充実したサポート、さらに使いやすさが魅力のソフトです。シンプルに国保連伝送サービスだけを探しているということでしたら、非常にオススメできます。詳細については下記記事に詳しいので併せてご覧ください。

kaipoke.hatenadiary.com

5.  株式会社ワイズマン

介護ソフト「ワイズマン」を販売するのは、同名の会社である株式会社ワイズマンです。

業界でもトップクラスの人気ソフト

古くから介護ソフトで有名な会社で、現在では介護ソフトシェアにおいてトップ3に入る大手の会社です。介護以外にも医療情報系のシステムを開発したり、介護・医療におけるコンサルティングといった事業も手掛けています。

長い間人気を誇っているだけあって、ワイズマンも非常に良い介護保険請求ソフトです。詳細については下記記事をご覧ください。

ワイズマンシステムSPってどんな介護ソフト?

6. 株式会社ビーシステム

ビーシステムは神奈川県の川崎市にある会社で、福祉系のソフトウェア開発・販売を専門に行っている会社です。ウェブサイトは非常に綺麗で見やすく、販売する介護ソフト「ファーストケア」もその印象そのままに、非常に使いやすいソフトです。

ファーストケアの詳しい魅力については下記記事で詳しく紹介しているので、併せてご覧になってみてください。

kaipoke.hatenadiary.com

7. 株式会社インタートラスト

次は「まもる君」を提供する会社である株式会社インタートラストについてです。こちらの会社は医療や介護といった分野に対して、ソフトウェアの開発・販売、またメディアの運営を行っている会社です。

他社からのデータ移行が無料だから、乗り換えしやすいのが魅力

「まもる君」は「操作のしやすさと低価格が魅力」の介護ソフトです。特徴的なのは他社からの乗り換え時のデータ移行を無料でサポートしてくれる点です。他のも試してみたいけど難しそうと二の足を踏んでいる方には特にオススメをしたい介護ソフトです。下記記事でさらに詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

kaipoke.hatenadiary.com

以上、7つの介護保険請求ソフトの親会社について紹介させていただきました

 

調べてみると面白いし、勉強になる

このように、なんとなく知っていると思っていた企業でも、いざホームページをじっくり見てみると、様々な発見があります。知っていた情報というのは本当になんとなくで、実際のところは何も知らなかったということを知らされる結果となりました

介護ソフトはじっくり比較するのが吉

それだけに、今はカイポケをプッシュしていますが、今後またどの介護ソフトにしようかと迷うこともあるかと思います。その際にはサービスを提供している会社がどのような会社なのか、その点についてもしっかりと選定基準に入れておくようにしようと思います。

また、もっと幅広く多くの会社を比較してみたいですとか、介護保険ソフトの市場規模などについても知りたいという方は、下記記事をご覧になってみてください。

kaipoke.hatenadiary.com

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました。