読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイポケビズお試し体験記

介護ソフト・カイポケを試してみた感想や使い勝手について書いています!

カイポケ以外の介護請求ソフトを比較してみよう!

介護保険ソフト

f:id:marrige130110:20160511091940j:plain

介護ソフトを比較して、自社にマッチするソフトを探す

さて、当ブログではカイポケについて主に紹介してきましたが、もちろん介護ソフトというと決してそれだけではありません。カイポケ以外にもさまざまな介護請求ソフトがあります。

自社が求める条件を明確にすることが大切

乗り換えを検討している方、新規で利用しようと思っている方、さまざまだと思いますが、どの介護請求ソフトがベストかというのはなかなか一概には言えないものです。

なぜなら、その「事業所の人数やポリシー、入居者の状況、必要とする機能」などなど、条件によって最適な答えが変わってくるからです。まずは、ここを明確にするのが大切です。

そこで、本記事では介護請求ソフトを検討している方向けに、カイポケをはじめとしたオススメの介護ソフトを紹介していきます

 

介護ソフト・カイポケの紹介

まずは当サイトでオススメしているカイポケについて簡単に紹介します。カイポケは東証一部に上場する株式会社エス・エム・エスが販売する介護ソフトです。多数の介護ソフトがある中で、「シェアはベスト5」に入る人気ソフトの1つです。

最大で18か月間も無料でお試しできてお得

最大のメリットは、最短2ヶ月、最長18ヶ月間も無料でお試しできる」点です。無料体験の申込みは15分ほどでできますので、お気軽にお申込みされてみることをオススメします。

無料体験は公式サイトよりすぐにお申込可能 

 

まずは無料のお試し期間を活用しよう

とはいっても、いくら考えてもどれがいいかというのはわからないことも少なくありません。その理由はおそらく使い勝手がわからないからです。

いくら、情報サイトなどで月額料金はいくら、機能はこんなものがあります、運営会社は有名なところですなんて言われても、実際に使ってみないとわからないことってたくさんあると思います。これは介護請求ソフトに限ったことではなく、どんなことだって百聞は一見にしかずということなのでしょう。

実際にソフトをいろいろと触ってみることが大切

そこでオススメをしたいのは、無料試用期間のあるソフト」を試しに使ってみることです。世の中には10を超えるさまざまな介護請求ソフトがありますが、そのうちの少なくないソフトは、無料の試用期間を用意しています。

期間はおおよそ1か月~半年くらいとさまざまですが、それだけ使えればおおよその使い心地を理解するには十分です。この無料期間を十分に活用するのが、最適な介護請求ソフト探しでは大事になるのではないかと思います。

 

試用期間のあるオススメの介護請求ソフト

ということで、実際に無料の試用期間がある「オススメの介護ソフトを4つ」選んでみました。

いずれも有名なソフトですから、介護の仕事・経営に携わっている人であれば聞いたことがあるかもしれません。各サイトの詳しいことについては、公式のホームページがわかりやすいと思いますので、そちらをご覧になってみてください。

 

1. カイポケ経営支援サービス

最大18か月の無料お試し可能。当サイトいちおしの介護保険請求ソフトです!なにがいいかというと、いろいろあるんですが、なまえのとおり経営全般さまざまなことを支援してもらえる点かなと思います。記録業務が楽になるといったことはもちろん、採用やホームページ作成、営業などについても支援してもらえるのはこのソフトならではかもしれません。

まずは実際に試してみるのがおすすめ

あとは、サービスを出している株式会社エス・エム・エスが東証一部上場企業というのもいいところかもしれませんね。できれば信頼性の高いソフトをなんて言われている人にとってはそれに十分応えられるブランドだと思います。

ソフトについての詳しい内容は下記バナーより、公式サイトをご覧ください。

無料体験は公式サイトよりすぐにお申込可能 

 

2. エヌエヌプラスワン

最大45日間の無料お試し可能。次にオススメなのがこちら、エヌエヌプラスワンです。こちらの手厚いサポートかなと思います。ホームページをご覧いただければわかりますが、「とりあえず、聞いてみる」というように、いつでも電話OKな感じが心強いです。確かにこういったソフトって一から自分で調べるより、電話でさくっと聞いたほうが早い時もありますもんね。特にパソコンの扱いが苦手って人にはオススメなサービスです。

 

3. ほのぼの mini

最大3か月無料。けっこう有名なサービスかと思います。ほぼのmniです。ここの魅力はやはり料金でしょうか。月額1,512円~という破格と言ってもいい値段ではないかと思います。ただ、それだけに使える機能の豊富さとなると、上記2サービスと比べるとどうしても劣ってしまいます。

介護保険請求ソフトの使い方が限定的であるということならば、ほのぼのminiの安さはかなり嬉しいポイントにはなるはずです。実際どのような機能が使えるかはぜひお試しになってみてください。

ほのぼのminiについては下記の記事でも詳しく紹介しています!もっと詳しく知りたいという場合にはあわせてチェックしてみてください。

介護ソフト「ほのぼのmini」が効果的な組織とは?

 

4. まもる君

無料お試し期間60日。最後は株式会社インタートラストが提供しているまもる君です。ここは考えがベンチャー的なのか、どんどん新しい施策を打ってくる感じで、対応も早く感じられるところがいいなあと思います。現在は「他社データ移行無料キャンペーン」なんてのもやっていて、積極的に乗り換えをサポートしてくれる点は嬉しいところです。他にも「2本目以降半額キャンペーン」なんてのもやってたりします。

また、まもるくんはネット上で使う(いわゆるASPソフト)のではなく、自分のパソコンにインストールするタイプです。それゆえにスピード感と操作性はASPより優れている可能性が高いと言えるでしょう。PCに詳しくないと難しそうと思うかもしれませんが、意外とそんなこともありません。サポートも丁寧ですから、ぜひご覧になってみてください。

 

 

以上、大まかですが4つの介護保険請求サービスを紹介しました。他にも当サイトではカイポケ以外にもいろいろと紹介しています。あとは、それぞれについて見てみて、よさそうと思ったものをぜひ一度お試しになってみてください!いざ使ってみると、良いところ、悪いところが、よりハッキリとわかるはずです。

下記についてもぜひご覧ください。それぞれのソフトの詳しい紹介や、様々な視点で他の介護保険ソフトについても幅広く調べることができます。ぜひ併せてご覧ください。

kaipoke.hatenadiary.com

お読みいただきありがとうございました。