読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイポケビズお試し体験記

介護ソフト・カイポケを試してみた感想や使い勝手について書いています!

カイポケは値上げしたっていうけど実際の料金はいくら?

f:id:marrige130110:20160510161806j:plain

「いまのカイポケの価格っていくら?」

2014年10月にカイポケの値上げがニュースになりました。値上げとなれば経営上の負担になるのは確実です。当時はカイポケの値上げについて、大きく話題になっていました。しかし、これからカイポケを使おうと思っている方には、当時のことを調べるのも大変です。

そこで、本記事ではカイポケが値上げによって、「実際に料金がどう変わったのか」をご紹介します

 

カイポケとはどのような介護ソフトか?

f:id:marrige130110:20170214165831j:plain

カイポケは東証一部に上場する株式会社エス・エム・エスが販売する介護ソフトです。介護ソフトというとワイズマンやNDソフトウェアの「ほのぼの」が有名でしたが、この5年くらいでカイポケは破竹の勢いで躍進をしました。現在では全国で約15,000もの事業所で利用されている、大手介護ソフトの1つです。

最大18か月間も無料お試しできるのが魅力

カイポケの大きな魅力が最大18ヶ月も無料で体験利用できる点です。この試用期間の長さは、他サービスと比較しても明らかに優れている魅力です

確かに介護ソフトに限らず、まず自分で触ってみてわかること、気づくことはたくさんあるものです。

無料体験申し込みは30秒ですぐにできる

ですから、カイポケの機能を理解するのには、ご自身で無料体験してみるのが一番の早道です。お申し込みは公式サイトからすぐにできますので、ぜひまずは実際にお試しになってみてください

無料体験は公式サイトよりすぐにお申込可能 

 

さて、そうは言っても、無料体験が終了した後に「毎月どれくらいお金がかかるのか」という点について、事前に知っておきたいという方もいるでしょう。

そうした方のために、下記ではカイポケの利用料金について紹介をしていきます

 

カイポケの料金の変化、現在の金額

f:id:marrige130110:20170220145515g:plain

冒頭で、カイポケは2014年時に値上がりしたという話をしました。それでは、カイポケはどのくらい値上げをしたのでしょうか?

ざっと振り返ってみると、サービスイン当初は

  • 独立型の居宅だとなんと1か月あたり1980円
  • 訪問介護・通所介護の場合には1か月あたり3,980円

という安さでした。

この価格には、いまカイポケ以外のサービスを使っている方、うちは料金の安さが魅力ですよ~なんてサービスを使っている方でもびっくりだと思います。おそらく、多くの方が安い!と思うでしょう。

現在の月額料金

じゃあ、それが値上げ後にどうなったのか?上記の例はそれぞれ以下のようになっています。

  • 訪問介護・通所介護:3,980円→「25,000円」
  • 独立型の居宅:1,980円→「5,000円」

特に訪問介護等については驚くほどの値上げだということがわかります。ざっくり毎月2万円の負担が増えて、年間だと24万円にもなります。この大幅な値上げには2014年当時にいろいろと話題になったのもわかります。

 

値段に納得できるくらい、とにかく驚くほど多機能!

f:id:marrige130110:20161221143634j:plain

「高い!」と思った方、ちょっと待ってください。その金額分の価値が十分あると思えるほど、冒頭でも紹介した通りカイポケは多機能です。たしか、値段変更にともなって経営支援という言葉も出てきたように思うのですが、まさしくその通りで事業所を運営していくうえで役立つ情報がひとまとめになっていてとても便利です。

具体的には下記のような内容です。

  1. 会員限定で無料の保険に加入
  2. 介護事業所開設時の情報を参照できる
  3. スタッフの勤怠管理、さらに給与計算や振込もサポート
  4. ホームページや名刺、チラシの作成も簡単にできる
  5. 会計士や税理士さんとも連携できる
  6. 各種資料のテンプレートやマニュアルも無料で閲覧可能
  7. 創業融資のヒントももらえるし、商圏調査までしてもらえる
  8. 早期入金、いわゆるファクタリングも可能

これでもまだまだサービスの一部です

法改正等の値上げはないので安心

これだけのサービスをこの価格で受けられるのであれば、「逆に安いかも!?」という気すらしています。

しかも、介護保険の改正時に何かあっても基本的には値上げをしない方針のようです。これもカイポケが支持されている大きな要因でしょう。

他にどんな機能があるかチェックしておきたいという方は、いったん公式サイトをご覧になってみてください。そちらではさらに詳しくカイポケの魅力である多機能ぶりについて詳しく紹介してくれています。

利用者やパソコンが増えても料金は増えないのでありがたい

また、カイポケは利用者が増えたり、利用するパソコンが増えても、料金は変わりません。ですから、オプションがいろいろついて、いつの間にか料金が高くなっているなんてことはありませんので、ご安心ください。このように明瞭な価格設定も嬉しいポイントではないかと思います。

 

大幅値上げ後も会員数は大きく増えている

さて、それだけ値上げをしてどうなったか気になる方もいるでしょうが、価格改定をした後に一時的に利用者は離れましたが、今では価格改定前を上回る「約15,000もの事業所」が全国で契約してくれているのです

それだけ、上述したカイポケの機能が役に立つということでしょう。

市場の発展と共にカイポケもシェアを拡大

もちろん介護ソフト市場自体が伸びたということもあるでしょう。少子高齢化が進む日本においては避けられないことですが、高齢者が増えるにつれて介護ソフトの市場規模も大きくなっています。現在では2004年頃から倍近い規模になっているのです。カイポケはその流れに上手く乗ったともいえるでしょう。

まずは無料お試しで実際に使ってみるのがおすすめ

ただ、こうした機能についての話は、文章を読むだけではなかなかわからない部分もあると思います。冒頭でもご案内した通り、カイポケはけっこう太っ腹でまずは無料で数か月、最大で18か月の無料お試しができます。

カイポケの便利さを体感するためにも、ぜひ無料体験をご利用になってみることをオススメします。お申し込みは公式サイトから可能です。

無料体験は公式サイトよりすぐにお申込可能 

 

さてここまでは、カイポケの料金、メリットについて紹介してきました。非常に良いソフトだと思いますので、ぜひ一度お試しになってみてください。

ただ、もし既に違う介護ソフトを使っている場合には、今からカイポケに変えて上手く業務が回るのかと不安を感じる方もいるでしょう。特に既存のデータを移行できるかについては、パソコンが不得手な方がよく悩まれるポイントです。以下では、実際に利用を考えた時に悩みがちな、データ移行についての対応を紹介します。

 

ソフト間データ移行もスムーズで、乗り換えも簡単!

f:id:marrige130110:20161227144928g:plain

それでは、ここからカイポケがどうやってデータ移行の悩みを解決しているのか、その点について紹介します。職員がパソコンに詳しいならいいのですが、介護職はどちらかというと30代、40代がメインです。ブラインドタッチすら怪しいという人も少なくありません。そうなると、このデータ移行を不安に思ってしまうのも当然です。

また、各ソフトの互換性もあるでしょう。たった2年前のことではありますが、当時は今以上に各請求ソフト間での互換性が十分ではありませんでした。ですから、カイポケからデータ移行しやすいソフトはいったいどれなのかということも議論になりました。

各種利用情報のデータ移行を無料でサポート

さて、現在どのようになっているかと言いますと、なんと利用者・ケアマネ・取引先などの情報の移行について、カイポケはデータ移行を無料でサポートしてくれています。ですから、パソコンが苦手ですとか、現在利用しているソフトの互換性がなどと心配する必要はありません。まずはいったん無料登録をして、お気軽にサポートについて問い合わせてみてください。いろいろとわかりやすく教えてもらえるはずです

ちなみにですが、実際には下記のような介護請求ソフトが比較の対象になっていました。それぞれのソフトについても本サイトの記事で紹介していますので、もし、カイポケ以外にもいろいろ検討したいということであれば、ぜひ併せてご覧ください。

  1. エヌエヌプラスワン(月額3800円(税抜)~)
  2. ほのぼの mini(月額費用:1,512円(税込)~)
  3. ケアマザー(月額約6,670円~)
  4. 介舟ファミリー(月額約20,000円~)
  5. まもる君(月額約3,000円~)
  6. 介五郎(月額約7,350円~)
  7. ファーストケア(月額約7,020円~)

 以上、ざっくりですが、各請求ソフトの名称と大まかな金額についてでした。

無料のお試しキャンペーンについて

ちなみに、もちろん金額は重要ですが、それで使いづらかったりしたら本末転倒です。この辺りの使い勝手についてはカイポケも2か月、最大で18か月の無料お試しが可能ですから、ぜひ直接お試しください。

実際に使ってみてわかることもありますから、介護請求ソフトの選定でお悩みならまずカイポケの無料お試しをご利用になってみてください。まずはお気軽にお試ししてみるのがオススメです。

無料体験は公式サイトよりすぐにお申込可能 

もし、試してみたいと思った方は、2か月~6か月程度は無料で利用できますので、ぜひ一度お試しになってみてください。上記リンクから公式サイトに遷移後、「無料体験してみる」という緑のボタンをクリックして、お申し込みをしてください

 

 

以上、カイポケの値上げと料金についてでした。もっと詳しく知りたい方は、下記より詳細をご覧ください。 

お読みいただき、ありがとうございました。