カイポケビズお試し体験記

介護ソフト・カイポケを試してみた感想や使い勝手について書いています!

カイポケケア連携サービスで日々の業務を楽にしよう!

f:id:marrige130110:20160509152526j:plain

「業務効率化と事業所間の情報共有に役立つ」

本記事では株式会社エス・エム・エスが提供する介護ソフト「カイポケ」の付随機能である「カイポケケア連携サービス」の概要、そして使い方についてご紹介します。

カイポケケア連携サービスを試してみようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

利用にはまずは介護ソフト・カイポケへの登録が必要

f:id:marrige130110:20170214165831j:plain

なお、カイポケケア連携を使うには、まずは介護ソフト・カイポケに無料登録をする必要があります。最大で18ヶ月間無料で体験できますので、介護ソフトをご検討中の方は、まずは実際にお試しになってみることをオススメします

無料体験は公式サイトよりすぐにお申込可能 

お申し込みは公式サイトから30分たらずですぐできる

もちろん、無料体験中でも「カイポケケア連携」をお試しいただけますので、実際に触っていただくことで、下記の内容もより深まるかと思います。公式サイトは上記リンクよりどうぞ。「無料体験してみる」という緑のボタンから、無料体験にお申込みいただくことができます。

それでは、カイポケケア連携のサービス内容について詳しく紹介していきます

 

カイポケケア連携サービスとは?

f:id:marrige130110:20170201164611j:plain

カイポケケア連携は簡単に言えば、「カイポケ会員のケアマネさんと情報を共有する」ことができるサービスです。

代表的な機能としては、提供票送付業務の効率化、そのためのサポートがあります。カイポケケア連携を使えば、もう提供票をファックスしたり、郵送したりする必要はありません。

煩雑な作業の効率化に非常に役立つ

このように情報を共有することで、これまでの「作業を大幅に効率化」することができます。これがカイポケケア連携の大きなメリットです。下記のような悩みを抱えている方には特にオススメです。 

  1. 各種書類の記入や郵送等で仕事時間をけっこうつかっている
  2. いくつかの書類については、メールでやりとりして効率化させたい
  3. 事業所の情報を、ケアマネさんにわかりやすくスピーディに伝えたい

カイポケケア連携によってこれらの対策をする結果として、ケアマネさんはかなり事務作業が楽になるはずです。また、事業所としてもスタッフの負担が減り、事業所全体の介護サービスの質が上がる期待ができます。

利用料金はいくら?

この機能は介護ソフト「カイポケ」のサービスの一部ですから、カイポケを導入している事業所様の場合には、「一切料金がかかりません。無料」になります

しかも、カイポケは冒頭でも紹介したように無料体験が最大で6ヶ月間も無料で利用できます。ですから、まずは一度体験して、ご自身の目で確かめてみることがオススメです!

サービス利用の流れ

実際にサービスを利用する際には下記のような流れになります。実際に利用を検討されている方はこちらをご覧になってみてください。

また、PDFのマニュアルがありますので、実際に利用を始められる際にはPDFをご覧ください(PC画面のキャプチャがあってわかりやすいです)。

  1. 1.予定を一括送信する
  2. 1-1.利用規約に同意する
  3. 1-2.カイポケ非会員データ連携設定をする
  4. 1-3.予定を一括送信する
  5. 1-4.送信結果を確認する

では、このカイポケケア連携を利用することでケアマネ、そして事業所にはどのようなメリットがあるのでしょうか?下記ではこの点についてさらに詳しく紹介していきます。

 

ケアマネが提供票をFAXしたり、郵送したりしなくてすむ

f:id:marrige130110:20161222104954j:plain

まずは、ケアマネさんのメリットとして、毎月本当に忙しかった「事務処理が大幅に軽減される」ことが期待できます。

カイポケケア連携サービスを使えば、パソコン上で提供票を送る先の事業所を指定して、送信ボタンを押すだけで、利用者予定の記載された提供票をデータで送付できます。

紛失したり、忘れたりといったケアレスミスが減る

データを受け取る事業所としても、FAXのように用紙が埋もれるという危険性がなく、紛失の可能性もなくなります

さらには郵便での受領確認、スタッフへの確認といった手間もなくなります。保管にも以前よりは気を使わなくてよくなるはずです。

ただ、これまで郵送やFAXで送っていたものをデータで送るとなると、送られる事業所としては混乱してしまう可能性もあります。実際に送付方法を変える際には、事業所に事前に連絡しておいたほうがよいでしょう。

事業所にとってのメリット

では、事業所にとってのメリットはどうか?

上述のように「提供票の受け取りが楽になる」といったあたりは十分に期待できます。

それ以外はというと、残念ながらこれ!というのはないのですが…、ご安心ください。下記でご紹介するように、今後さらにいろいろと便利な機能が追加される予定です!これらが無料だなんて本当にお得だと思います!

無料でのお試しがオススメ!

この辺りについては、実際に業務で使用してみて、その効果がわかる点かとも思います。冒頭でも紹介しましたように、カイポケはなんと「最大18か月間無料」でお試しすることができますので、気になっている方はぜひ一度無料のお試しをされてみてください。百聞は一見にしかずというように、使ってみるとその便利さがよくわかると思います!お申し込みは公式サイトからどうぞ。

無料体験は公式サイトよりすぐにお申込可能 

なお、無料体験期間終了後の料金については、下記記事で紹介しています。ぜひ併せてご覧になってみてください。

kaipoke.hatenadiary.com

 

今後追加される予定の機能

ちなみにカイポケケア連携には今後下記のような機能が追加される予定です。

  1. 1つのPDFファイルで、すべての利用者の提供票をダウンロード可能に
  2. 提供票送付時にメッセージの添付が可能に
  3. 提供票の実績データを送付可能に
  4. カイポケケア連携のサイト内で他事業所とメッセージ交換が可能に
  5. 事業所に関する詳しい情報を公開できるように

現状は上記内容が予定されているようですが、今後さらに追加・改善が予定されているようです。非常に楽しみになります。

ちなみにですが、カイポケを使っていると、カイポケケア連携だけではなく、「他にもさまざまな経営サポートサービスが使える」ようになります

そのうちいくつかを下記にご紹介しますので、カイポケをお試ししようか迷っている人はぜひ参考にしてください。

 

他にはどんなサービスがあるの?

なお、ちなみにですが、カイポケケア連携以外にも、カイポケを利用することで使えるようになる代表的サービスは下記のようになります。

  1. カイポケ採用(介護職向け求人サイト「カイゴジョブ」に求人広告を掲載できる)
  2. カイポケショッピング(備品類を一括購入できるサービス)
  3. カイポケ営業(介護事業者のための営業代行サービス)
  4. カイポケ口座振替(利用者負担の口座引き落としサービス)
  5. カイポケ給与振込(職員の給与振込サービス)
  6. カイポケホームページ(ホームページ作成サービス)
  7. カイポケ経営管理(経営状況分析ツール)
  8. カイポケ勤怠管理・給与計算(職員の勤怠・給与管理サービス)

上記それぞれのサービスや、また、それらについての話題については、本ブログの他の記事でさらに詳しく紹介しています。ぜひ併せてご覧になってみてください。

いずれも、多くの事業所が困るポイントをしっかりとサポートしてくれているのがよくわかると思います。要はカイポケが1つあれば、わざわざ他のサービスを購入したり、使い方を覚える必要がないということです。カイポケ1つで手が足りるということなんです。

 

 

以上、カイポケケア連携サービス、またその他のサービスの紹介でした。

お読みいただき、ありがとうございました。