カイポケビズお試し体験記

介護ソフト・カイポケを試してみた感想や使い勝手について書いています!

介護ソフト・まもる君(くん)の評判と口コミ

f:id:marrige130110:20170209153812j:plain

本日は介護ソフト「まもる君(くん)」を紹介します。まもる君は株式会社インタートラストが販売する介護システムです。様々な介護ソフトの中でも人気のあるソフトの1つですから、ご存知の方も多いかと思います。下記で、まもる君にはどのようなメリットがあるかを紹介していきますので、介護ソフトを検討中の方はぜひ参考にされてみてください。

ちなみにですが、当サイトでは介護ソフトの「カイポケ」もオススメしています。まもる君とはそれぞれ一長一短だと思いますので、ぜひ併せて比較をされてみてください。カイポケは最大で18か月間無料で利用できますので一度お試しになってみるのがオススメです。詳細については公式サイトよりどうぞ。

無料体験は公式サイトよりすぐにお申込可能 

それでは、下記ではまもる君のサービス内容について詳しく紹介していきます。

 

まもる君ってどんな介護システム?

まもる君を実際に使ってみての感想としてよく聞かれるのは、例えば下記のようなものがあります。

 

  1. 他ソフトと比べると料金が安いのがありがたい
  2. サポートが親切だから、初心者でもわかりやすいと思う
  3. 利用票・提供票のレイアウトが綺麗で使いやすかった
  4. 画面設計がわかりやすくて操作が簡単だった

 

こうしたポイントについて気になるということであれば、ぜひ一度ご利用されてみることをオススメします。

こんな人にまもる君はオススメ

個人的に、まもる君を利用するのにオススメだと思うのは、下記2つの要望を持つ人たちです。こちらについてもぜひ参考にされてみてください。

  1. なるべく低価格の介護ソフトを利用したい
  2. 操作方法が簡単で、PCが苦手な人でも使いやすいソフトがいい

 要はまもる君は「使いやすさとコストパフォーマンスの2点」で非常に優れたソフトだということです。ですから、まもる君はどんな介護ソフトかと言われると、やはり上記の2点、またよくある口コミとして挙げた4点が当てはまるのではないかと思います。

下記で後半の2点についてもう少し詳しく説明していきます

 

1. 月額1,500円からも使える、多様な料金プランから選ぼう

それではまずは、まもる君の料金について紹介をしていきます。まもる君の料金方式は多様です。自社の状況に併せて選べるのでいろいろとコントロールできるところもありがたいポイントです。事業所のサービス内容によっては、「毎月1,500円」という低価格から利用することも可能です

「運用タイプ」と「支払い方式」を選べるのがありがたい

料金方式が多様というのはどういうことかと言いますと、見出しのように運用タイプと支払い方式の2つを選べるということです。運用タイプというのは1台のパソコンで利用するか、それとも複数台のパソコンで利用するかということです。当然1台のほうが費用を安く抑えることができます。小規模な事業者には非常にオススメです。

また、支払い方式はその名の通りお金の払い方で、一括購入型(お買取り方式)で一気に払ってしまうか、それとも月額利用型(レンタル方式)のいずれかを選ぶことができます。こちらも初期投資という観点で見れば、月額利用型はかなり費用を抑えることができます。

このように、最低1,500円まで下がる費用感、また実際の料金プランを自分たちで選べるところが、まもる君の非常にいいところです。さらに詳しい料金設定については公式サイトをご覧になってみてください。

介護ソフトのタイプ、パッケージ型とASP型について

ちなみにですが、上述のようにまもる君はパソコンにソフトをインストールする、いわゆるパッケージ型と言われるソフトです。他にはASP型というのもありますが、この点について詳しく知りたい人は下記記事を併せてご覧ください。

kaipoke.hatenadiary.com

 

2. 人間工学に基づいたデザインで圧倒的な使いやすさを実現

まもる君の2つ目の強みは、やはりその使いやすさです。運営会社であるインタートラストさんもその点にこだわっているようで、マニュアルなしでも使えるような究極の使いやすさを目指したと公式ホームページで語っています。実際、画面設計がわかりやすく、非常に使いやすいソフトになっています。

実際の操作感は無料体験版で体感できる

そうは言っても、実際に使いやすいかどうかというのは、自分で利用してみなければわからないですよね。試してみたいという方のために、まもる君では60日間無料でお試しできるキャンペーンが行われています。公式ホームページの「無料体験版申込フォーム」に必要な情報を記入して申し込めば、無料体験版CDとパンフレットを郵送で送っていただけるようです。気になる方はぜひ試してみましょう。

カイポケも最大で18か月間無料で利用可能

なお、冒頭で紹介しましたカイポケも最大で18か月間無料でお試し利用が可能です。介護ソフトをどれにしようか迷っている方は、ぜひまもる君と併せて、カイポケもお試しになってみてください。無料申し込みは公式ホームページからすぐにできますので、詳細はそちらでご確認ください。

無料体験は公式サイトよりすぐにお申込可能 

 

まもる君以外におすすめの介護保険ソフト

また、当サイトではまもる君とカイポケ以外にもさまざまな介護ソフトを紹介しています。下記記事でいろいろと紹介していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

kaipoke.hatenadiary.com

  1. トリケアトプス
  2. 「ファーストケア」
  3. 「寿(ことぶき)」
  4. 「ケアマザー(CareMother)」
  5. 「けあ蔵」
  6. 「介五郎」
  7. 「ケア樹Free」
  8. 介舟ファミリー
  9. エヌエヌプラスワン 
  10. ケアネットメッセンジャーの評判
  11. ワイズマン
  12. 「ほのぼのmini」

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました。

介護ソフト・トリケアトプスの評判と口コミ

f:id:marrige130110:20170208114653j:plain

本日は介護ソフト「トリケアトプス」について紹介をします。トリケラトプス(恐竜)ではなく、トリ「ケア」トプスです!サイトを見ると、トリケラトプスのシルエットがあるので、それをもじってはいるみたいです。

岡谷システム株式会社が提供する、人気の介護ソフトの1つです。どの介護ソフトを使うべきかについて迷っていた方はぜひご参考にされてみてください。

 

介護ソフトカイポケもおすすめ

なお、当サイトでは介護ソフトとしてはカイポケも紹介しています。それぞれ一長一短だとは思います。また、事業所のサービス内容によって、どちらが合うかというのも変わってくるかと思います。ぜひ、それぞれ比較をしてみてください。

ちなみに、カイポケは最大で「18か月間無料」のお試しキャンペーンというのをやっています。介護ソフトに限ったことではないですが、実際に自分たちで操作をしてみて、どんなソフトがいいという要望がわかることもあります。ぜひ、お気軽に無料お試しを体験されてみてください。詳細はカイポケの公式サイトよりどうぞ。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

 

トリケアトプスとはどのような介護ソフトか?

さて、それではトリケアトプスとはどのような介護ソフトなのでしょうか。実際に使ってみた方の感想、評判としてよく聞かれるのは下記のようなポイントです。

  1. 画面が見やすくて直感的に操作できるのがよい
  2. サポートの対応が丁寧で好印象
  3. 従量課金制なので料金が安くて助かる

実際のところはどうなのでしょうか。もちろん、良いところもあるでしょうし、その逆もあるでしょう。本記事では個人的にいいなと思った「3つのポイント」にを紹介していきます。介護ソフト選びの際にはぜひ参考にされてみてください。

1. クラウド(ASP・SaaS)だからお手軽に管理が可能

まず最初のポイントはクラウド型の介護ソフトであるという点です。クラウドとは、簡単に言ってしまえばパソコンにインストール必要なく、WEBブラウザ(Google ChromeやInternet Exproler、Firefoxなど)によってインターネットで利用できるソフトのことです

要はパソコンにわざわざインストールする必要がないので、いつでも最新版を利用できて機能は最新、セキュリティも安全、さらにはバックアップする必要もありませんから、運用が非常に簡単なのがメリットなのです。

この、クラウドついては下記記事に詳しいので併せてご覧ください。

kaipoke.hatenadiary.com

2. 1人あたり200円~という嘘みたいな激安価格

2つ目のポイントは、トリケアトプスの料金についてです。見出しにもありますように、トリケアトプスは非常に低価格の介護ソフトです。なんと職員1人あたりたったの200円~で利用できるのです。こんなに安い価格のソフトは、私は見たことはありません。

しかも初期費用は無料という太っ腹っぷり

しかもそれでいて、トリケアトプスはなんと初期費用がゼロ円です。ですから、介護ソフト導入時の費用は非常に安く済むわけです。

介護ソフト選定において特にコストを重視する方、小規模事業所であまり初期費用をかけられない方、そうした方々にトリケアトプスは非常にオススメできます

3. ソフト導入に当たってのサポートが非常に手厚い

最後、3つ目のポイントですが、導入にあたってとても手厚い支援をしてくれるのが嬉しいポイントです。具体的には下記3つについてサポートをしてくれます。これは非常にありがたい内容だと思います。

というのも、やはり介護施設というのは、パソコンが苦手という人が少なからずいます。そうした方々にとっては、いくら介護ソフトが便利で、スマホやタブレットでも使えると言われても、それを使いこなすことはなかなか簡単ではないかと思うのです。その点、トリケアトプスであれば、とても丁寧に使い方を教えてもらえるのです。パソコン操作があまり得意ではないという方にも、非常にオススメすることができます

それでは具体的なサポート内容を紹介します。

3-1. 会社を訪問して、操作方法を説明してくれる

まず1つめのポイントは、操作方法について訪問して説明してくれる点です。電話や遠隔操作等でのサポートをやってくれる会社もありますが、やはり面と向かって話すのが悩みを解決するには一番です。手間をかけてそこまでやってくれるサポート体制はありがたいところです。

3-2. 他社から乗り換えの際に基本データの移行を手伝ってくれる

また、パソコンが苦手な人が特に頭を悩ませるのがデータの移行です。CSVとかTXTとかいろいろな拡張子が出てきたり、そもそもこの介護ソフトでデータ移行はできるのかと考えると、よくわからなくなってしまう人も多いようです。その点、トリケアトプスではこうした複雑なデータ移行作業まで手伝ってくれるのです。もちろん自分で勉強することも大切ですが、苦手なところを助けてもらえるのは非常にありがたいですよね。

3-3. 入力してあるデータをCD-ROMでバックアップしてくれます

3点目はバックアップについてです。トリケアトプスはASPサービスですから、もちろんデータ管理はきちんと行われていますが、それでもバックアップを取っておくと役立つこともあります。こうした作業についても、トリケアトプスのほうで行ってくれるのです。

以上、トリケアトプスのユーザーサポートについて3つの内容を紹介しました。

 

まずは無料体験ソフトを利用してみよう

以上、大まかですが介護ソフト・トリケアトプスのいいところについて紹介しました。もしよさそう、試してみたいということであれば、ぜひ無料体験をご利用になってみてください。ホームページから簡単にお申込みできますので、まずは公式サイトをご覧ください。

また、冒頭でも紹介しましたカイポケでも、無料体験をすることが可能です。こちらは最大18か月と非常にお得ですから、ぜひトリケアトプスと併せてお試しになってみてはいかがでしょうか。

 

トリケアトプス以外におすすめの介護保険ソフト

また、当サイトでは他にもさまざまな介護ソフトを紹介しています。下記記事でいろいろと紹介していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

kaipoke.hatenadiary.com

  1. まもる君(くん)
  2. 「ファーストケア」
  3. 「寿(ことぶき)」
  4. 「ケアマザー(CareMother)」
  5. 「けあ蔵」
  6. 「介五郎」
  7. 「ケア樹Free」
  8. 介舟ファミリー
  9. エヌエヌプラスワン 
  10. ケアネットメッセンジャーの評判
  11. ワイズマン
  12. 「ほのぼのmini」

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました。

介護保険請求ソフト「ファーストケア」の評判と口コミ

f:id:marrige130110:20170207152053j:plain

今回の記事では介護保険請求ソフト「ファーストケア」について紹介します。どの介護ソフトを利用しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

 

どの介護保険ソフトを使おうか迷っているなら

また、当サイトではファーストケア以外にもさまざまな介護ソフトを紹介・比較しています。下記記事では介護ソフトとは?というところから、各介護ソフトの紹介も紹介しています。こちらも併せてチェックをしてみてください。

kaipoke.hatenadiary.com

まずはカイポケの無料体験利用がオススメ

中でも当サイトでは「カイポケ」を特にオススメしています。理由はいくつかありますが、大きなポイントは小見出しにもありますように、無料のお試し利用ができるのが非常に便利なのです。事業所さんによって期間は異なりますが、約2か月から「最大で18か月間」も無料で利用することができるのです。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

やっぱり実際に自分たちで使ってみて、ソフトの良しあしはわかってくるところもあります。どの介護ソフトを使おうか迷っている方は、ぜひまずはカイポケの無料体験をしてみることがおすすめです。

もちろん、これから紹介するファーストケアも非常におすすめできる介護ソフトの1つです。下記ではその理由について紹介していきます。

 

ファーストケアってどんな介護ソフト?

ファーストケアを運営しているのは、株式会社ビーシステムです。平成7年に創業した会社で、それからほぼ一貫して介護ソフト関連のビジネスをしています。平成9年に特養用の介護ソフトを開発したのをはじまりに、そこから着実に技術力を蓄積し、平成23年にファーストケアは誕生しました。それから幾度もの改善とパワーアップを繰り返し、現在ではファーストケアは人気のある介護ソフトの1つとなっています。

下記ではファーストケアの魅力を大きく「3つ」紹介します

1. 対応する介護サービス施設の広さが魅力

そんなファーストケアの特筆すべき特徴の1つは、その対応範囲の広さです。下記のようにさまざまな介護サービス別に対応することができます。 

  • 居宅サービス(訪問介護、リハビリ関連、福祉用具貸与、定期巡回など)
  • グループホーム(認知症対応型共同生活介護など)
  • 地域密着型特定施設(他に特定施設入居者生活介護など)
  • 老人保健施設(他に短期入所療養介護など)
  • 特別養護ロージンホーム(老人福祉施設など)
  • 小規模多機能版
  • 高齢者住宅版(サービス付き高齢者住宅、ケアハウスなど)

それぞれにオプションもありますので、機能拡充も可能です。ファーストケア1つあれば、どのサービスをどのくらい重点的に使いたいのかという観点で、自社に適した利用方法が可能です。1つのソフトでさまざまな事業に使えるのはとてもありがたいポイントです。

2. 料金設定がわかりやすく、選びやすい、そして安い!

ファーストケアの料金タイプは大きく2つあります。このどちらのタイプかということと、上述したどの介護サービス用のソフトを使うかによって料金は変わってきます。利用ユーザーが多くなるネットワークタイプのほうが料金は高くなっています。

1. 「スタンダードタイプ」

スタンダードタイプは、介護サービスが1つで、特定の職員のみが利用する場合に向いています。要は小規模な事業者さま向けだということです。各サービス毎の料金は下記になります。カッコ内が月額での利用料金です。

  • 居宅介護支援版・居宅サービス提供版(月々6,500円(税抜)~)
  • グループホーム版(月々7,200円(税抜)~)
  • 特定施設版(月々7,200円(税抜)~) 
2. 「ネットワークタイプ」

逆にネットワークタイプというのは、サービスが多様、複数の職員で利用する場合におすすめで、大規模事業所様に向いた料金タイプです。同じくサービス毎の利用料金は下記のようになります。 

  • 居宅介護支援版・居宅サービス提供版(月々13,400円(税抜)~)
  • グループホーム版(月々14,100円(税抜)~)
  • 特定施設版(月々14,100円(税抜)~) 

 以上、大まかですが、ファーストケアの利用料金について紹介しました。このように明瞭に料金設定がされていてわかりやすいというのが、ファーストケアのメリットだと思います。ぜひ、いろいろと検討されてみてください。

おまとめプランでお得なまとめ買いも可能

ちなみにですが、上記のように月額いくらで払うだけではなく、まとめて36か月分、60か月分の料金を支払うことも可能です。当然初期費用は高くなりますが、長期間利用することを考えると、総額ではお得になります。多様な支払方法をご希望のお客様には非常にありがたいプランです。

3. サポート体制が充実しているのも嬉しいメリット

3点目の魅力として紹介したいのは、そのサポートデスクの充実ぶりです。介護ソフトに限った話ではなく、購入した商品について質問したいことってあると思います。そうした時にサポート・ヘルプデスクの電話がつながりづらいと、それって相当なストレスですよね。

ビーシステムのファーストケアではそのようなことがありません。サポートデスクの対応はスピーディで、さらに非常に丁寧です。ですから、パソコンが苦手なスタッフでも多くの方がご満足いただけるはずです。実際、サポートデスクの対応についてのアンケートでは約9割の人が満足しているという回答をしています。自社のスタッフがあまりパソコンが得意ではないという場合には、このファーストケアは非常にオススメできる介護ソフトの1つです。

 

介護ソフト・ファーストケアを使ってみての感想

さて、そのファーストケアですが、実際に使ってみたユーザーからは下記のような声がよく聞かれます。どの介護ソフトを購入しようか迷っている方は参考にされてみてください。

  • 電話に加えて、リアルタイム遠隔操作などサポートデスクが本当にありがたい
  • 導入後もしっかりとサポートをしてくれるので安心して利用できる
  • 画面がわかりやすく、パソコンが苦手なスタッフにも好評
  • 若干、仕様が使いづらいところがある。たとえば、データ修正がしづらいのは難点
  • オールインワンだからこれ1つでいろいろできるのは便利

無料体験版「ファーストケアHoney」で無料お試し利用するのがオススメ

上記のようにファーストケアは利用者からも基本的にポジティブな声が多いように思いますが、実際に自分たちに合うかどうかというのは使ってみなければわからないところもあります。そうした方のためにファーストケアではHoney(ハニー)という名称でフリー体験版ソフトを用意しています。実際使えるかどうかを試したい方は、まずHoneyをご利用になってみてください。

比較検討の際にはカイポケの無料体験版もオススメ

ちなみにですが、冒頭で紹介した介護ソフト・カイポケも最大18か月間無料でお試し利用することができます。ぜひカイポケも利用してみて、ファーストケアとどちらが自社の業務に合うかを比較してみてはいかがでしょうか。無料お試し利用の詳細については、公式サイトをご覧ください。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

 

ファーストケア以外におすすめの介護保険ソフト

また、当サイトでは他にもさまざまな介護ソフトを紹介しています。下記記事でいろいろと紹介していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

  1. トリケアトプス
  2. まもる君(くん)
  3. 「寿(ことぶき)」
  4. 「ケアマザー(CareMother)」
  5. 「けあ蔵」
  6. 「介五郎」
  7. 「ケア樹Free」
  8. 介舟ファミリー
  9. エヌエヌプラスワン 
  10. ケアネットメッセンジャーの評判
  11. ワイズマン
  12. 「ほのぼのmini」

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました。

介護保険ソフト「寿(ことぶき)」の評判・口コミ

f:id:marrige130110:20170207105655j:plain

今回の記事では「介護ソフト寿(ことぶき)」の評判・口コミをご紹介します。どの介護ソフトを使うおうか迷っていた方はぜひ参考にしてみてください。

なお、当ブログでは介護保険ソフトとして「カイポケ」もオススメをしています。寿もカイポケもそれぞれ良いところがあるソフトですから、利用する介護ソフトを決定する際にはぜひカイポケとも比較をしてみてください。ちなみにカイポケは、最大で18か月間も無料でお試しできますので、ぜひ一度お手にとって試してみてください。詳細は下記公式サイトよりご覧いただけます。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

それでは、下記では介護ソフト寿について紹介していきます。

 

介護システム・寿ってどんな介護ソフト?

まず最初に寿の概要について紹介します。

同じ名称のソフトが2つある?

その前に介護ソフト寿について調べてみようとした方の多くが、あれ、同じ名前の介護ソフトがあると思ったのではないでしょうか?検索をしてみると、検索結果には確かに下記のように異なる会社の2つのシステムが出てきます。

  • 介護システム「寿」-介護ソフトならソフトサービスライフケア
  • 介護ソフトをお探しなら/介護トータルシステム『寿』(南日本情報処理センター)

そうまさしく同じサービス名で介護系システムが2つあるのです。

実はソフトサービスライフケアのために寿を開発しているのが、南日本情報処理センター

では、これはいったいが何が違うのでしょうか。実はこのソフトは同じソフトのことを指しているのです。からくりは簡単でソフトサービスライフケアさんのために、寿を開発しているのが南日本情報処理センターさんなのです。ホームページを拝見した感じだと、どうやらそのようなことのようでした。

※※※

ただし、あくまでホームページを見ての判断ですから、本当のところはわかりかねます。申し訳ありません。購入・利用をご検討されている方は、販売者様に実際にお問い合わせになってみてください。

※※※

ですから、基本的にはどちらのサイトをご覧いただいても構いません。ざっと見た感じですと、南日本情報処理センターのサイトのほうがソフト説明が豊富で、わかりやすいように思います。

それでは、謎もとけたところで、下記では介護ソフトの機能などについて紹介していきます。

ソフトの特徴について

それでは介護トータルシステム「寿」についてもう少し詳しく紹介していきましょう。まずこのソフトには大きく2つの種類があります。

  1. 介護トータルシステム「寿」
  2. 介護トータルシステム「寿」for Saas

これはどこが違うかと言いますと、前者はパソコンにインストールするタイプ、後者はWEBブラウザによってインターネット上から利用できるタイプです。それぞれ一長一短がありますので、自社の環境に合わせたソフトを選びましょう。この「Saas(ASP)型」についてと、パソコンにインストールする「パッケージ型」の違いについては、下記記事に詳しいので併せてご参照ください。

kaipoke.hatenadiary.com

寿の魅力は介護サービス別にきめ細かい対応がされている点

さて、そんな寿ですが、個人的にいいなと思うのは事業所のサービス毎に幅広く対応してくれる点です。下記のようにサービス毎に対応してくれます。当然と言えば当然ですが、施設のサービス内容によって介護ソフトに求める機能も変わってきます。そこにきちんと対応してくれているのが、寿の非常にいいところではないかと思います。

居宅介護支援サービス
  • 居宅介護支援事業所
  • 地域包括
通所系サービス
  • 通所介護
  • 通所リハビリ
地域密着型サービス
  • (看護)小規模多機能
  • グループホーム
  • 定期巡回サービス
訪問系サービス
  • 介護・看護
  • リハビリ・入浴
  • 居宅療養管理指導
  • 福祉用具貸与
施設系サービス
  • 介護老人保健施設(老健)
  • 特別養護老人ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅(サ高住・サ付き)

 

携帯端末と連携しているから仕事の効率化に役立つ

もう1つ、寿で注目しておきたいのはタブレットやスマートフォンでの利用に対応しており、しかもとても使いやすいところです。訪問先でご利用者さまの状況等をすぐ入力できますし、施設でも健康状態をすぐに記録できますので、これまでよりも業務効率を大きくアップできることは間違いないでしょう。他にも下記のような点を、モバイル端末で管理することができます。

  • 職員さんのスケジュールを簡単に確認できて、登録もできる
  • 病歴や主治医の情報など、利用者の健康状態を詳しく確認・記録できる
  • 訪問実績やケア実施記録、食事摂取量などをいつでも簡単に記録できる

運営会社が非常に熱心な感じなのが好印象

これはあくまで個人的な感想なのですが、寿の最大の魅力って販売者側の熱意じゃないかなと思います。MIC(南日本情報処理センター)さんが運営する販売サイトをご覧いただくとわかりますが、非常に可愛らしく手の込んだつくりのサイトになっています。

新着情報も頻繁に更新されており、ソフトに対する熱意や愛情というのが伝わってきます。寿日記というコンテンツもあり、ソフトの機能改善や追加、さらには法改正の際にはすぐに対応状況等を公表してくれます。こういった点から考えても、介護ソフト「寿」は非常に信頼できるソフトではないかと思うのです。

 

実際に利用している人の感想について

上述のように非常に良いソフトだと思う寿ですが、実際に利用している方の感想としては下記のような点がよく聞かれます。

  • 1990年から続いている老舗なだけあって、かゆいところまで手が届く機能の豊富さでありがたい
  • パッケージ型とASP型で選べるので購入しやすくてよい
  • ASP型はこれまでのパッケージ型と違って、導入がやりやすくて、費用的にもお得なのが嬉しい
  • 介護業務に必要な機能がこれ1つで全て網羅できているから、いろいろなソフトに手を出す必要がなく、わかりやすい
  • サービス毎に機能が細分化されているので、大手の会社には非常に役立つソフトだと思う

あくまでよく聞かれる声ですから、実際に利用してみると、また違った良さ、逆に物足りない面もあるかもしれません。いずれにせよ、一度お試しになってみてはいかがでしょうか。もっと詳しい内容について知りたい方は公式サイトより、カタログ請求もできますので、そちらをご覧になってみてください。

また、冒頭で紹介したカイポケは公式サイトより、お手軽に最大18か月間の無料試用を申し込むことができます。ぜひ、寿と併せて検討をしてみてください。詳細は下記より公式サイトをご覧ください。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

 

 

以上、介護保険ソフト寿についての紹介でした。

「寿」以外におすすめの介護保険ソフト

なお、当サイトでは寿とカイポケ以外にもさまざまな介護ソフトを紹介しています。下記記事でいろいろと紹介していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

kaipoke.hatenadiary.com

  1. トリケアトプス
  2. まもる君(くん)
  3. 「ファーストケア」
  4. 「ケアマザー(CareMother)」
  5. 「けあ蔵」
  6. 「介五郎」
  7. 「ケア樹Free」
  8. 介舟ファミリー
  9. エヌエヌプラスワン 
  10. ケアネットメッセンジャーの評判
  11. ワイズマン
  12. 「ほのぼのmini」

 

 

 以上、お読みいただきありがとうございました。

介護保険ソフトとは何か?基本情報と選び方のポイント

f:id:marrige130110:20170127113922j:plain

本記事では介護保険ソフトの選び方について紹介をします。おそらく、ケアマネさんにしろ事業所の責任者さんにしろ、介護保険ソフトを選ぼうと思った時にはあまりにたくさんありすぎて迷ってしまったのではないかと思います。

もちろん、どのソフトもそれぞれ良いところがありますので、どれを選んでもある程度の業務をすることはできるでしょう。ただ、細かく見ればそれぞれのソフトにはメリット・デメリットがあります。ですから、選び方を間違えると、導入した後に後悔したなんてことになりかねません。そうならないための選び方のコツを本記事では紹介します。介護保険ソフトを探す際にはぜひ参考にしてみてください。

 

知っておきたい介護保険ソフトの基本的な情報

皆さんご存知だとは思いますが、介護保険ソフトとは何かという点について、簡単に紹介させてください。介護保険ソフトは簡単に言えば、「介護事業所が業務する時に利用するソフトウェア」のことです。昔は手作業や表計算ソフトで行われていた請求業務などを、ソフト上で効率的に、かつ正確にできるのが利用のメリットです。

どんな種類があるの?

さて、そんな介護保険ソフトですが、実は大きく2つの種類があります。

  1. ASP型(クラウド型)
  2. パッケージ型(インストール型)

それぞれ簡単に言いますと、ASP型はパソコンのブラウザ(Internet ExprolerやChromeなど)で利用するソフト。パッケージ型はパソコン自体にインストールする(たとえばWordやExcelもそうです)ソフトです。この辺りについては深く考えずとも基本的には問題ないですが、知っておくと便利ではあるかと思います。下記記事で詳しく紹介していますので、よかったら併せてご覧ください。

kaipoke.hatenadiary.com

いったいどんな介護保険ソフトが、どれくらいあるの?

さて、大まかですが、介護保険ソフトがどのようなものかわかっていただけたでしょうか。では、次に実際にどんな会社がどんなソフトを出しているのか、いくつか紹介していきます。介護の仕事に携わっていた方だと、聞いたことのある会社名やソフト名も多いかもしれませんね。カッコ内が販売している会社です。

  1. カイポケ(株式会社エス・エム・エス)
  2. エヌエヌプラスワン(株式会社スリー・テン)
  3. まもる君(株式会社インタートラスト)
  4. けあ蔵(株式会社KDDIエボルバ)
  5. ほのぼの mini(エヌ・デーソフトウェア株式会社)
  6. ファーストケア(株式会社ビーシステム)
  7. ケアマザー(株式会社ノエシス)
  8. ケア樹(株式会社グッドツリー)
  9. 介舟ファミリー(株式会社 日本コンピュータコンサルタント)
  10. ケアネットメッセンジャーエヌ・デーソフトウェア株式会社)
  11. ワイズマン(株式会社ワイズマン)
  12. 介五郎(株式会社インフォ・テック)

ここではソフトごとの詳細については触れません。リンクになっているソフトは、別の記事で詳しく紹介しています。興味のある記事がありましたら、そちらも併せてご覧になってみてください。

また、販売会社にフォーカスしての比較というのも行っています。よかったら、下記の記事も併せてチェックしてみてください。

kaipoke.hatenadiary.com

市場規模とソフトのシェアについて

ちなみにですが、介護保険ソフトの種類は上記はまだまだ一部です。以前と比べると徐々に人気ソフトが明確化してきたような気もしますが、それでも業界全体としては少なくとも20~30くらいの介護保険ソフトがあります。

ちなみに、上記はその中でも人気のあるものを基本的にはご紹介しています。中でもシェアのトップ3はワイズマンさん、NDソフトウェアさん、それからカイポケになります。その3社でおおよそ5割のシェアを握っており、残りの5割には様々な事業者がひしめきあっている状態です。

介護保険ソフトを利用する事業者数と市場規模は、年々伸びてきており、現在では約200億円と言われています。事業所数としては約10万もの事業所で介護ソフトが利用されています。少子高齢化が進む日本においては、事業所にとって介護ソフトはますます不可欠なものになっていくでしょう。

 

自社に合ったソフトを選ぶにはどうすればいいか?

さて、上記のラインナップを見て、こんなにたくさんあるのかと思われた方もいるでしょう。介護保険ソフトは場合によっては併用することもありますが、そんなにいくつものソフトを使うのは大変です。また、冒頭でもお話ししましたように自社の業務にマッチしないソフトを選んでしまうとあとあと大変です。いかに自社に合ったソフトを選ぶかというのが非常に重要なポイントだと言えるでしょう。

介護保険ソフトを選ぶときの3つの考え方

そこで本記事では介護保険ソフトを選ぶときにどうすればいいのか、簡単に3つのステップで紹介することにしました。これから介護保険ソフトを探す方、現在のソフトに不満がある方など、参考にされてみてください。

1. ソフトを導入するサービス事業を選びましょう

まず最初に自社の事業によってソフトを考えましょう。というのも、事業によってソフトによって対応している対応していないという場合があるからです。たとえばですが、下記のようなものによって、ソフトが利用できるかは異なるようです。

  • 居宅介護支援サービス
  • 地域包括支援サービス
  • 訪問介護や福祉用具貸与といった居宅サービス
  • 介護予防など日常生活の支援サービス
  • 老健や福祉施設などの施設系サービス
  • 夜間対応訪問介護などの地域密着型サービス

現在では幅広く対応しているものも多いですが、念のためにその点は最初に考えておきましょう。また、最近では各ソフトとも放課後等デイサービスへの対応を行っているところが多いようです。放課後デイについては下記記事にも詳しいです。

kaipoke.hatenadiary.com

2. ソフト導入によって何を改善したいかを考えておく

次に考えておきたいのが、ソフトを利用して何を改善したいかです。また、絶対にこの機能は欲しいというものがあるかどうかも考えておくべきです。このようにソフトに求めるものを明確にしておくことで、ソフト選びをする際にスムーズですし、実際にソフトを購入した後の理想とのギャップを少なくすることができます。当たり前のように思えますが、実際にきちんと熟考できている方というのは案外少ないものです。それだけに、多少時間をかけてでも考えておくことがオススメです。

自社が最も重視するものは何か?

特にソフトを選ぶ際には、自社が価格なのか、機能なのか、それともサポートの充実ぶりなのか、どこを一番大事にしたいのかも考えておきましょう。これは介護ソフトだけではなく、普通の買い物でも一緒ですね。そうすることで、商品選定がやりやすく、スムーズに決められるはずです。よくあるのはやはり上記のようなニーズです。自社に何が足りていないのか、ぜひこれを機会に考えてみてはいかがでしょう。

kaipoke.hatenadiary.com

kaipoke.hatenadiary.com

3. とにかく無料のお試しをどんどん利用してみる

上記のように考えると、なんとなくですが、いくつかのサービスに絞られてくるのではないかと思います。2~3つくらいに選んでおくのがよいでしょう。あまりに多すぎるときちんと比較をできませんし、それぞれの操作方法などを覚えるだけでも大変ですから、その点は気をつけたいところです。

実際に利用してみることでわかることがたくさんある

そうしたら、あとは無料のお試しや体験版を利用してみましょう。上記ではいろいろと言ってきましたが、やはり自社に合うかどうかを確かめるには、実際に自分の手でソフトに触ってみるのが一番です。

たいていの介護ソフトには、無料のお試し期間や体験版があります。これを利用すれば、ソフトの使い勝手はもちろん、サポートセンターの充実ぶりや、実際の業務に合うかどうかまでチェックすることができます。しばらく利用をしてみて、一番良かったところに決めるのがよいでしょう。

ちなみにですが、当サイトでオススメしているカイポケという介護ソフトでは、最大で18か月もソフトを無料お試しすることができます。この点については下記記事に詳しいので、ぜひ併せてご覧ください。

kaipoke.hatenadiary.com

 

 

以上、介護保険ソフトとは何かという基本的な話と、実際に利用を考えた際にどうやって選べばよいのかということについて紹介をしました。

お読みいただきありがとうございました。

児童発達支援に対応した介護ソフトなら「ケアマザー(CareMother)」がオススメ

f:id:marrige130110:20170123171732j:plain

今回は介護ソフトケアマザーについての紹介です。ケアマザーは株式会社ノエシスという会社が2004年から10年以上にわたって販売をしている、介護事業者向け業務支援ソフトです。ケアマザーの魅力・メリットについて下記で紹介していきます。

 

介護ソフトは様々なソフトを比較することが大切

ただその前に、もし介護ソフトをお探しでしたら、当サイトで紹介している「カイポケ」も併せて確認してみることがオススメです。というのも、介護ソフトというのは、ソフトによってこういった事業者向きというのがわりと明確に設定されているものです。

たとえば、ケアマザーであれば価格を抑えて必要な機能を絞ったものが欲しい方向け、逆にカイポケは多少価格は高くなりますがその分多機能なソフトを求める方向けとなっています。それ以外にも、介護ソフトにはけあ蔵、介五郎、ケア樹Freeなど本当にたくさんのソフトがあります。本記事の下部ではそれらの紹介記事へのリンクもご紹介しますので、よかったらいろいろと比較をしてみてください。

カイポケは無料で最大18か月間もお試し可能

カイポケについては下記より公式サイトをご覧いただけますので、ぜひ併せてご覧ください。ちなみにカイポケは事業所の状況等によって異なりますが、最大で18か月間も無料で利用できる可能性があります。ぜひ、お試しで無料試用のお試しをしてみてください。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

実際にカイポケを利用している方の口コミや体験談については、下記記事に詳しいのでこちらも併せてどうぞ。

kaipoke.hatenadiary.com

 

介護ソフトケアマザーの3つの魅力

さて、前置きが長くなってしまいましたが、それではケアマザーの魅力・メリットについて紹介をしていきます。

1. 放課後等デイサービス、児童発達支援に対応

まず1つ目に良いところとしてあげられるのは、見出しのように放課後等デイサービスや児童発達支援に対応しているところです。障がい福祉サービスのオプションとして契約することもできますし、これらセットを単体で契約することもできます。

下記記事でも紹介していますように、昨今放課後等デイサービスや児童発達支援には大きな注目が集まっています。それだけに、そうした領域を扱う事業者様にはこれらの機能は非常に役立つはずです。詳細については株式会社ノエシスのヘルプデスクが平日に電話・メール、FAXで対応していますので、ぜひ問い合わせてみてください。

ちなみに、この点についてはカイポケでもさまざまなサポートをしていますので、併せてご覧になってみてください。

kaipoke.hatenadiary.com

2. パッケージ方式だからセキュリティ面で安心

2つ目のポイントはパッケージ方式ゆえにセキュリティ面が強いという点です。正直なところ、カイポケはASP方式でして、最近の流れとしてはそちらのほうが強いのではと思いますが、パッケージ方式の場合にはセキュリティ面で過剰な心配をする必要がないという利点があります。

kaipoke.hatenadiary.com

介護ソフトに限った話ではなく、インターネット上で運用するソフトというのは、現代においては常に情報漏えいリスクにさらされているといっても過言ではない状態です。クレジットカードや旅行のサイト、ファッションECのサイトなど、様々なサービスで顧客情報の流出や外部からのサイバーテロを受けたというニュースが、連日のように聞こえてきます。ASP方式ですと、常にそういったことを気にしなければなりませんが、パッケージ方式ですとその点についてはASP方式ほどは気にしなくても大丈夫です。その点はメリットだと言えるでしょう。

3. 10年以上続く信頼性

正直なところ、ケアマザーのホームページはカイポケなどと比べると決してオシャレだとは言えないものです。しかしながら、何よりもケアマザーには10年以上も多くの顧客から支持されてきた実績があります。上述のように児童発達支援や放課後等デイサービスへの対応もきちんとされており、現在でも順調にバージョンアップされています。

60日間無料で体験版を利用することが可能!

そうした信頼のおけるソフトを扱いたいという方には、ケアマザーは非常にオススメです。実際、わりと大きな規模の事業所さんが3年契約などで利用されることも多いようです。なんと最大で60日間無料で体験版を利用することができますので、気になる方はぜひ一度お試しになってみてください。

なお、冒頭でも紹介しましたがカイポケも、無料でお試し利用することができます。ぜひ、この機会に両方利用をしてみて、自社に合うソフトを見極めてみてください。それぞれ良いところがありますから、使っているだけでいろいろと自社のニーズも見えてくるのではないかと思います。

介護ビジネスをサポートする業務ソフト 2ヶ月無料体験受付中

 

 

 以上、介護ソフトのケアマザーの魅力と、併せて当サイトでオススメしているカイポケについても紹介させていただきました。

ケアマザー以外におすすめの介護保険ソフト

また、当サイトでは他にもさまざまな介護ソフトを紹介しています。下記記事でいろいろと紹介していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

kaipoke.hatenadiary.com

  1. トリケアトプス
  2. まもる君(くん)
  3. 「ファーストケア」
  4. 「寿(ことぶき)」
  5. 「けあ蔵」
  6. 「介五郎」
  7. 「ケア樹Free」
  8. 介舟ファミリー
  9. エヌエヌプラスワン 
  10. ケアネットメッセンジャーの評判
  11. ワイズマン
  12. 「ほのぼのmini」

 

以上、お読みいただきましてありがとうございました。

 

PT・OT・STの転職活動なら「マイナビ医療介護のお仕事」がオススメ

f:id:marrige130110:20170123103356g:plain

「専門職の転職ならマイナビがおすすめ」

PT・OT・STの資格を持って働いている方には、自分の技術をしっかりと活かせる施設で働きたいと思っている方は多いかと思います。対外的にはそうした専門職の方が力を発揮できるとうたっている職場は多いですが、実際には理想と現実のギャップが生じてしまっている例は少なくありません。

そこで本記事では、そうした専門職の方が転職に成功するヒントをお伝えしています

~目次~

 

マイナビ医療介護のお仕事について

上記ようなギャップをできるだけなくし、満足のいく転職・納得のいく転職をしたいという方にオススメをしたいのが、

今回の記事で紹介をする「マイナビ医療介護のお仕事」です。

まずは公式サイトで詳細をチェック

もし、現在医療系の転職支援サービスを探しているとか、転職を考えていたという人は、ぜひ一度サイトをご利用になってみてください。「登録するだけなら無料」で、わずか数分で登録もできますので、ぜひご覧になってみてください。

マイナビ医療介護

 

下記では、このサービスの何が魅力的かをご紹介していきます

 

1. とにかく安心丁寧なサポートが転職初心者にありがたい

マイナビ医療介護のいいところの1つ目は、マイナビという大手企業が運営していることもあって、非常にサポートが丁寧なところです。作業療法士さんの場合には必ずしも転職に慣れているというわけでもないかと思います。そうした方に、こうした大手企業だからこその手厚いサービスというのは非常にありがたく感じられるようです。

また、マイナビという名前はおそらく多くの方が聞いたことがあるはずです。作業療法士系の転職には限らず、アルバイトや大学生の新卒採用、それから一般的なビジネスの転職などなど、非常に多岐にわたったサービスを展開しています。名前でわかるように毎日新聞という大手企業との関連性もあるわけです。そういった点から、サービスとしての信頼性が非常に高いところもウリでしょう。まずは安心して、転職活動をしたいという方にもオススメをしたいサービスです。

登録するだけで専門職のまるわかりガイドがもらえる

さらにさらに、マイナビ医療介護はサイトに登録をするだけで、転職活動の基本や、施設で働く際の基本的なことが学べる「まるわかりガイド」がもらえます。何となく知っていると思っていたことも一般的な視点から見ると、いろいろと勉強になるところもあります。今後さらにステップアップしていきたいと思っている方にとても役立つ一冊になっていますので、ぜひご覧になってみてください。

 

2. 大手だからこそ質の良い高定着率の求人を探せる

もう1つの嬉しいポイントは、大手だからこその豊富な求人情報です。もちろん、小規模なサイトでも良い求人が見つかることはあるでしょうが、ネームバリューのあるマイナビだからこそ、より多くの質の高い求人を集めることができるというわけです。

ですから、転職活動をこれから始めたいという方は、まずはマイナビのような大手サイトに登録することがオススメです。そうして、ざっと多くの求人を見て、もしさらに専門的な視点からの求人を探したいという場合には、他の小規模サイトも併せて見てみるという方法がよいでしょう。ただ、おそらくですが、マイナビだけでもご満足いただける求人案件が見つかるのではないかと思います。たとえば、下記のようなポイントの仕事が多数ありますので、ぜひご自身の興味に併せて仕事を探してみてください。

  • 残業が少ない
  • 年収などの待遇面がよい
  • 家から近い、駅から近くて通勤が楽
  • 年間での休日が120日以上
  • 賞与の金額は月給の3か月分以上
  • 産休明けなどのブランクがある方も歓迎
  • 土日祝日がほぼ確実に休める
  • 産休・育休制度が充実している
  •  訪問リハビリ

 

登録無料なのでまずはお試しの登録がオススメ

以上、大まかですがマイナビ医療介護のお仕事の魅力について紹介をしました。冒頭でもお話ししましたように、登録をしても、転職活動をしても、費用は一切かかりません。ですから、まずは登録をしてみて気軽にサイトをチェックしてみることがオススメです。詳細については、マイナビ医療介護のお仕事の公式サイトをご覧ください。

ちなみに登録からの流れは下記のようになります。参考までにご覧ください。

  1. 約1分ほどで登録を完了することができます
  2. ご希望に併せた求人を紹介してもらえます
  3. 気になる施設を見学することができます

気になること、わからないことは、担当スタッフにどんどん質問してしまうことが大切です。ぜひ、マイナビで納得のいく転職活動を実現してください。

 

 

以上、お読みいただきましてありがとうございました。

なお、当サイトではマイナビ以外にも下記のような求人サイトを紹介しています。ぜひあわせてご覧になってみてください。

kaipoke.hatenadiary.com